お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

朝倉あき



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

朝倉 あき(あさくら あき、1991年9月23日 - )は、日本の女優。

神奈川県出身。コニイ所属。

略歴

福岡県朝倉市で生まれ、日出高等学校を卒業。

2006年第6回東宝シンデレラオーディションにエントリーNo.8で応募して最終選考の一員となり、受賞は逃すが東宝芸能の所属となる。2007年にNHK BS hi『わたしが子どもだったころ「女優・斉藤由貴」』で初めて役者を務め、2008年2月公開の『歓喜の歌』で初めて映画に出演した。

2010年1月スタートの『とめはねっ! 鈴里高校書道部』(NHK)でテレビドラマ初主演。9月スタートの『てっぱん』で朝の連続テレビ小説に初出演し、瀧本美織が演じるヒロインの親友役を演じた。2011年に渡辺謙がスマートフォンに扮したNTTドコモのCM「上京篇」に出演し、田舎の家族に見送られながら上京し都会での新生活を始める若者を演じて注目を集めた。

2013年11月公開のスタジオジブリのアニメ映画『かぐや姫の物語』でヒロインのかぐや姫の声に抜擢された。監督した高畑勲は「今の女優さんは受け身の声が多い。でも彼女の声はワガママだから」抜擢したと語っている。

2014年3月31日付で東宝芸能と契約を終了し、芸能活動を一時休止。これから女優活動を続けるかどうかは考えず、休業中の1年間は事務のアルバイトをしていた。

2015年に芸能事務所コニイの所属となり、2月に放送されたNHK-FMのラジオドラマ青春アドベンチャー『ニコイナ食堂』で活動を再開した。9月公開の『ハロウィンナイトメア』で実写映画初主演。

2017年に、主演した『四月の永い夢』が、第39回モスクワ国際映画祭の国際映画批評家連盟賞とロシア映画批評家連盟特別表彰を受賞した。

2019年4月スタートの『歌舞伎町弁護人 凜花』(BSテレビ東京)で民放連続ドラマ初主演。

2019年7月から上演の舞台『フローズン・ビーチ』への出演が予定されていたが、体調不良のため降板。

人物

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
一般:6,000円
(全席指定・税込)
2019年11月29日 (金) 〜
2019年12月22日 (日)
東京芸術劇場
シアターウエスト
販売終了

取扱中の公演
直前販売

<カンフェティ取扱チケット>
【指定席引換券】:6,000円(税込)

【指定席引換券】
※当日、開演の60分前より受付にて座席指定券とお引換え致します。
 連席をご用意できない場合がございます。予めご了承ください。
2019年11月29日 (金) 〜
2019年12月22日 (日)
東京芸術劇場
シアターウエスト