お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

及川恒平



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

及川 恒平(おいかわ こうへい、1948年8月14日 - )は、日本のフォークシンガー。

略歴

北海道美唄市生まれ、釧路市出身。北海道釧路湖陵高等学校卒業、青山学院大学文学部中退。1970年ごろ、所属していた大学演劇部の関係から小室等率いる六文銭に加入。

代表曲「面影橋から」「夢のまた夢」「夏・二人で」「キングサーモンのいる島」「サーカスゲーム」などを作曲。

作詞・作曲のきっかけは、及川恒平に才能があることを見抜いた小室等が、まずは作詞をさせることから始め、「出発の歌」がヒットしたことから、作曲も勧めたという。小室哲哉は六文銭時代の及川の詞が好きだったと発言している。

グループ解散後、1972年ファーストアルバム『忘れたお話』(ベルウッド)を発表。編曲には瀬尾一三、柳田ヒロらが参加。1974年セカンドアルバム『名前のない君の部屋』を発表。編曲は国吉良一が担当。1975年に『懐しいくらし』を発表。阿久悠の別荘を借りて宅録した作品で坂本龍一を編曲・ピアノに、元シュガー・ベイブの山下達郎、大貫妙子をコーラスに迎え、シティポップ調のアルバムとなった。裏ジャケットの及川恒平の写真には、山下達郎の自主製作アルバムが写り込んでいる。同年には沢田研二のアルバム『いくつかの場面』に『U.F.O』他3曲の作詞(作曲はミッキー吉野ら)を提供している。その後、1976年にポリドール・レコードからアルバム『僕のそばにいなさい』を発表。編曲には惣領泰則、松任谷正隆らが参加。以降も同年に渋谷ジァンジァンでのライブ盤『Live in JEAN JEAN』、翌年にグループ「ペーパーランド」などでのリリースを続けたが、1980年代はライヴ、リリース活動を休止し作家として事務所に所属して作詞に専念。この事務所マッドキャップは阿久悠と井上大輔が作った会社で、ここには惣領泰則や芹沢廣明、大野克夫も所属していた。その後、この事務所を辞めテニスのインストラクターに転職する。

1990年代後半から、アルバム『引き潮』などのリリースや、ライヴ活動、六文銭の再開(小室等・四角佳子と)、テレビ出演など精力的に行っている。すぎやまこういち作品の作詞家でもあり、アニメ「ダイの大冒険」の主題歌『勇者よいそげ!!』やドラゴンクエスト関連の作詞を手がけている。また、大学演劇部先輩のイラストレーター北村魚(きたむら とと)とのコラボレーションの絵本も出版していた。近年は札幌市在住の歌人・糸田ともよの作品に曲をつけるなどの活動もある。

ディスコグラフィ

シングル

アルバム

著作

  • 歌謡詞集(1972年、ブロンズ社)- 六文時代の歌詞を集成、散文も収録。
  • 僕のそばにいなさい(1976年、講談社)- エッセイに、ソロ以後の歌詞も収録。

提供曲

作詞

  • 「さようなら」の世界 森山良子(1972年)
  • 街は風の港 沢田靖司(1972年10月)
  • オレンジの一欠片 沢田靖司(1972年10月)
  • 道標(みちしるべ) 岸洋子(1974年)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。