お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

濱田めぐみ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

濱田 めぐみ(はまだ めぐみ、1972年8月2日 - )は日本のミュージカル女優。

福岡県北九州市出身。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。

1995年から2010年まで劇団四季に所属。さまざまな作品で主役を演じており、劇団の代表的な女優の一人であった。

略歴

幼いころから歌うことが大好きで、中学3年生の時に『キャッツ』を見てミュージカルをやりたいと思うようになる。九州国際大学付属高等学校卒業後、本屋のアルバイトで資金をため上京。舞台芸術学院に進学し、卒業後は憧れのミュージカル女優土居裕子の在籍する音楽座に在籍(解散直前に退団する)。

1995年に行われた劇団四季のオーディションに3回目で合格(ただし、その内の1回は公演に出演するための辞退である)。1996年1月31日、『美女と野獣』ヒロインのベル役でデビュー。入団3ヶ月弱での異例の抜擢だった。1998年より、『ライオンキング』日本初演キャストに選ばれヒロインのナラ役を演じる。CD録音にもナラ役で参加。

2003年より、ディズニーミュージカル第3弾『アイーダ』日本初演キャストに選ばれタイトル・ロールのアイーダを演じる。CD録音にもアイーダ役で参加。また、濱田の劇団四季最後の舞台も、初演の地大阪で2011年3月より凱旋公演が行われた『アイーダ』タイトル・ロールだった。のちに2ndコンサート『Rouge』において、本人が「アイーダは1000回以上演じた」と語っている。

2006年、初のストレートプレイとなる『鹿鳴館』にて大徳寺顕子役を演じる。その後ストレートプレイでは『ブラックコメディ』においてヒロインのキャロルを演じた。2007年より、ブロードウェイミュージカル『ウィキッド』日本初演キャストに選ばれヒロインの一人であるエルファバ役を演じた。CD録音にもエルファバ役で参加。2010年より、ミュージカル『マンマ・ミーア!』にて自身初の母親役、ヒロインのドナ役を演じた。

2011年8月17日の日刊スポーツで15年間在籍した劇団四季を2010年12月付けで退団していたこと、2012年1月から『俺たちに明日はない』を原作とした日本初演ミュージカル『ボニー&クライド』に出演することが発表された。

2012年7月10日 - 12日、天王洲 銀河劇場にて初のソロコンサート『濱田めぐみ 1stコンサート』が開催された。チケット発売開始5分で5公演全席が完売(所属事務所発表)し、立見が出る盛況となった。コンサート初日の2012年7月10日、フランク・ワイルドホーンのプロデュースによる濱田めぐみ初のオリジナルアルバム「Attitude」が、コンサート会場及びファンクラブにてリリースされた。同年9月26日に一般発売開始。

フランク・ワイルドホーンが音楽を手掛けたミュージカル『ジキルとハイド』のルーシー役、ミュージカル『アリス・イン・ワンダーランド』の日本初演マッドハッター役、ミュージカル『シラノ』のヒロイン ロクサーヌ役、ミュージカル『モンテクリスト伯』日本初演ルイザ役をはじめ、田尾下哲 演出の『Songs for a new world』日本初演、ミュージカル『二都物語』日本初演マダム・ドファルジュ役など、劇団四季退団後もミュージカルを中心に活躍中。

2014年3月 - 4月に日生劇場で日本初演を迎えたミュージカル『Love Never Dies』では、ヒロインのクリスティーヌ・ダーエ役の一人として出演し、ヘッドボイスの発声が求められる同役で新境地を開拓。同年6月、ミュージカル『カルメン』(天王洲銀河劇場)日本初演において、劇団四季退団後初の単独主演でタイトルロールのカルメンを演じた。11月 - 12月にはミュージカル『アリス・イン・ワンダーランド』再演でもマッドハッター役を演じた。

2015年は1月 - 2月に山本耕史主演のミュージカル『メンフィス』日本初演に、ヒロインのフェリシア役で出演。同年4月からは『デスノートThe musical』世界初演に死神レム役で出演、7月からは『サンセット大通り』に安蘭けいとのダブルキャストで主演。10月からはミュージカル『スコット&ゼルダ』日本初演にヒロインのゼルダ・セイヤー役で出演。相手役はウエンツ瑛士。

2016年は、1月9日・10日に六本木EXシアターにて「濱田めぐみ 20周年記念コンサート」を開催。全3公演の完売を受け、1月18日にはオーチャードホールにてアンコール公演を開催。2月24日にデビュー20周年記念アルバム『Campanulla』が発売。3月 - 4月はミュージカル『ジキルとハイド』再演のルーシー役、6月には初のソロ・ミュージカル『Tell Me on a Sunday 〜サヨナラは日曜日に〜』、8月には帝国劇場にて初演されたミュージカル『王家の紋章』アイシス役、11月は天王洲アイル銀河劇場 等にてミュージカル『マーダー・バラッド』日本初演 ナレーター役で出演。

2017年は、1月 - 2月にミュージカル『フランケンシュタイン』日本初演にエレン/エヴァ役で出演。4月にはミュージカル『王家の紋章』再演に、9月に『デスノートThe musical』再演に出演。同年4月に公開された映画『美女と野獣』ではプレミアム吹き替え版 のキャストとして、マダム・ド・ガルドローブ(タンス夫人)役の声を担当。

2018年はミュージカル『メリー・ポピンズ』日本初演でタイトルロールのメリーポピンズを演じた。

2019年はミュージカル『Love Never Dies』の再演にて、再びヒロインのクリスティーヌ・ダーエ役を、ミュージカル『レ・ミゼラブル』には初出演し、ファンテーヌ役を務める。また、ミュージカル『サンセット大通り』再演にて、再び主演のノーマ・デズモンド役を演じる事が発表されている。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
抽選先行

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:11,500円(税込)

※主催者の同意なく有償で譲渡することは禁止します。
こちらの公演は購入者の氏名及び連絡先を確認した上で販売されます。
2020年1月7日 (火) 〜
2020年2月2日 (日)
シアタークリエ
完売