お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

初風諄



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

初風 諄(はつかぜ じゅん、本名:松野 誠子 (まつの せいこ 旧姓:菅野)、1941年9月11日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団星組・月組主演娘役で宝塚歌劇団卒業生。

東京都出身。山脇学園高等学校卒業、公称身長160cm、血液型O型、宝塚歌劇団時代の愛称カンちゃん。(旧姓に由来)

来歴

宝塚歌劇団時代

寿美花代に憧憬し1961年、宝塚歌劇団に入団。月組公演『春の踊り/サルタンバンク』で初舞台を踏む。47期生。同期生に若みゆき(現・鳩山幸)、振付家の羽山紀代美がいる。宝塚入団時の成績は66人中2位。

長身であったことから当初は男役であったが入団まもなく娘役に転向。

1962年1月。入団1年目でまだ組配属が決まる前に、雪組公演『絢爛たる休日』で明石照子の相手役に抜擢される。同年、月組に配属。

1967年より星組主演娘役を務める。

その後、1970年、八汐路まり退団を受け月組主演娘役を務める。

月組では古城都(1970年〜1973年)、大滝子・榛名由梨(※二人トップ体制、ともに1974年〜1975年)の相手役を務めた。

1974年『ベルサイユのばら』初演でマリー・アントワネット役を務め、第一期ベルばらブームの礎を築いた。

1975年9月より1976年1月15日までの長期間歌劇団のヨーロッパ公演に参加。(この欧州公演と、1976年3〜5月の星組公演への特別出演が決定したため月組公演『恋こそわがいのち』は大劇場・東京公演とも全日程休演、レナール夫人役は舞小雪が代演。)

1976年、星組公演『ベルサイユのばら?』に再度マリー・アントワネット役として特別出演。7月の同作品東京公演で退団予定だったが、8月月組東京公演『ベルサイユのばら?』への出演が決定のため退団を延期、8月31日付にて退団。これは、長年初風が在籍していた月組生徒たちから「初風さんを最後は古巣である月組から送り出してあげられないか」との声があがり、歌劇団も異例の退団延期・月組公演出演を認めたため実現したものだった。

また娘役トップの退団に際しては歌劇団史上初となる、特別公演「サヨナラリサイタル」もおこなった。

宝塚歌劇団退団後

退団後に結婚、その後長きにわたり家庭に専念。ただし歌劇団卒業生が集まるイベントにはごく稀にだが出席していた。

2000年ミュージカル『エリザベート』のゾフィー皇太后役で24年ぶりに舞台復帰という形で宝塚退団以来本格的に芸能活動を再開、その美声を披露した。宝塚時代を知る舞台関係者のオファーあっての芸能界復帰だったが「若い頃にやっていた事が今もきちんとできるのがうれしい」とコメントしている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。