お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カブキグラス5周年

程嶋しづマ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

程嶋 しづマ(ほどしま しづま、1973年3月28日 - )は、日本の男性俳優、声優。千葉県出身。血液型はO型。本名、旧名は程島 鎮磨(読みは同じ)。

経歴・活動

高校入学後、同級生の強い誘い・依頼から演劇部に入部し演劇を始める(しかし、その同級生は部活決定の期日直前に別の部に入部することを決め、結果独りで演劇部に入部することになった)。

桐朋学園短期大学演劇専攻卒業。卒業後、劇団シェイクスピア・シアターに所属し、1997年に退団。退団後は2008年までM.T.プロジェクト、2009年8月から2016年6月までケッケコーポレーションに所属していた。

ポーカー・テキサスホールデムのイベントを開催する団体が手掛ける演劇ユニット・聖地ポーカーズで2016年8月上演の舞台『Dice or Scythe』に初出演、その後2017年1月上演『ブレメン』より同団体の構成メンバーとなった。橋本達也・早川剛史と共に『トリプルH』という役者ユニットを結成し、舞台公演やイベントなどで活動。

また、2005年以降、演劇ユニットR:MIXプロデュースの公演の出演機会が多く、R:MIX主宰の町田誠也によると、舞台中の難しい設定や背景などを持ち味の透き通った声で滑らかに説明する役割を含んだ役が中心だったという。2008年に開催されたTHE BLACK MAGESのライブ『Darkness and Starlight』のオペラパートに出演したり、Webテレビに出演するなど、R:MIXが関連するイベントにも参加している。

劇団ジャングルベル・シアターでも、2007年秋公演『草薙の風』で初の客演、その後2011年冬公演『悟らずの空』、2013年春公演『天満月のネコ』以降、2018年1月に解団という形で座長の浅野泰徳の個人運営の団体に変更するまで同劇団の本公演に継続して客演していた。

声優としても活動し、2007年に発売されたニンテンドーDS版以降、『ファイナルファンタジーIV』の主人公であるセシル・ハーヴィの声優を務めるほか、深作欣二がイベントCGムービー監督を務めたゲーム『クロックタワー3』(2002年発売)のデニス・オーヴェン役をオーディションで勝ち取っており、モーションキャプチャーにも挑戦した。

人物

芸名は2005年頃に現在のものに改名したと思われ、本名で活動していた当時に姓名判断をしたところ、「凶」「大凶」のみの結果が出てしまい、「鎮磨」をひらがなやカタカナのみに変えて判断をしても良い結果が得られず、その後冗談で試した「しづマ」が非常に良い結果だったため、そのまま芸名とした。

2015年に上演された『ゴールデン バード バラード』出演時、空飛ぶ猫☆魂主宰の西永貴文は同ユニットのブログで程嶋に対し「全て細部まで計算された演技が素晴らしく、誰にも真似できない芝居をされます。今回、程嶋さんの役(ヤクザ)がドはまりしていると思っているのですが、本人はこういう役をやったことがないと言ってまして。それはそれで凄すぎると感じるのであります。」と評した。
また、同舞台で共演した長戸勝彦は公演終了後自身のブログで「笑いのツボも、泣きのツボも、突っ込みのツボも知ってる 何でもできちゃうから器用に見えるけど失敗しながら見つけていく努力の人なんだよね」とコメントしている。

出演作品(俳優)

舞台


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:前売 6,500円(特典ブロマイド付き)
A席:前売 5,800円
(全席指定・税込)
2018年10月5日 (金) 〜
2018年10月14日 (日)
CBGKシブゲキ!!