CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 浅野ゆう子

浅野ゆう子

浅野ゆう子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

浅野 ゆう子(あさの - こ、本名:赤沢 裕子(あかざわ ゆうこ)、1960年〈昭和35年〉7月9日 - )は、日本の女優、歌手。所属事務所はEaupure(オーピュア)。かつては研音→アベベネクスト(アァベェベェ)に所属していた。

人物

兵庫県神戸市東灘区出身。堀越高等学校(東京都中野区)卒業。身長167 cm、体重50 kg。B83 cm、W58 cm、H88 cm。

趣味は読書。

略歴

生い立ち

本名の裕子の「裕」の字は、石原裕次郎に由来。裕次郎のファンだった母によって名付けられた。父親は裕子が生まれた直後、新しい女性を連れて産婦人科に離婚話を持って来た。3歳の時に両親が離婚。親戚の家を母と共に転々とした。幼いころから芸能志望で、母親も娘を芸能人にするべく小学生のころから歯を矯正したり、足が綺麗に伸びるように正座を禁止していた。幼少時代から大人びており、小学4年生の時で既にナンパされるほど。神戸青い鳥幼稚園から神戸市立本山第三小学校へ進み、小学校6年生の秋、母や友人と神戸三宮のサテライトスタジオであったラジオの公録を見た帰り、研音の関係者から「歌は好きですか? 歌手になってみませんか」とスカウトされる。小さいころから歌手に憧れていたため、母を懸命に説得し、一年間レッスンを受けた後、母を神戸に残し単身上京した。12歳の時にCMオーディションで入賞したことをきっかけにスカウトされた。

世田谷区立梅が丘中学に京王線代田橋駅付近の寮から通学していた。カチューシャを愛用し、大人びたスタイルは校内でも人気だったが、非常に厳しい校長に注意のために呼び出されたことがある。TBS系列で放送されていた『歌う新人王決定戦』で優勝したことが、デビューのきっかけとなる。

デビュー

初め浅野はアイドル歌手としてデビュー(当時、研音/RCAレコード所属)し、「ジャンプするカモシカ」をキャッチフレーズに活動していた。デビューした1974年に「恋はダン・ダン」で、第16回日本レコード大賞新人賞受賞。1976年には、8枚目のシングル「セクシー・バス・ストップ」がヒットを記録する。

しかし、当時の女性アイドルは小柄であることが好ましいとされており、浅野のような長身で日本人離れしたプロポーションのアイドルは珍しかった。また、ミニスカートやホットパンツなどでスタイルを強調していた浅野は女性からの反撥を受けたこともあり、アイドル歌手としては大成しなかった。

一方、ルックスが大人びていた浅野は、中学生ながらテレビドラマ『太陽にほえろ!』に警察署・捜査第一係の2代目内勤員(お茶くみ)役として出演した。映画『恋の空中ぶらんこ』以降、東宝の映画作品にも立て続けに出演したが、役に恵まれず一時出演が途絶える。

モデルから本格的に女優へ

歌を実質休業状態になった1980年代からは、様々な会社の水着キャンペーンモデルなど企業広告で活躍した。ただし、水着での初出は1979年(昭和54年)のカネボウ化粧品CM「一気にこの夏チャンピオン」から。1981年の洋酒の悩殺ポスターは世の男性の目を楽しませた。

この頃、テレビの仕事は2時間ドラマが年2本程度だった。しかし1988年(昭和63年)にフジテレビの連続ドラマ『君の瞳をタイホする!』のヒロイン・シングルマザー役に抜擢され、さらにドラマ『抱きしめたい!』で『W浅野』と呼ばれた浅野温子との競演で、女性からの圧倒的な支持を受けた。これ以降は「トレンディドラマの女王」と称される程にブレイクし、1990年代初頭には、W浅野を意識した服装が大いに流行した。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
※WEB予約では予約時にお座席をご選択いただけます。

S席(1階席10列以内保証):12,000円
S席(2階席2列以内保証):12,000円 +さらに 2000P <期間限定ポイント>ゲット!
A席(3階席):6,000円
(全席指定・税込)

こちらのチケットは、[電話予約]もご利用いただけます。
カンフェティチケットセンター
0120-240-540
(平日 10:00〜18:00)
2022年8月13日 (土)
明治座