お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

西寺郷太



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

西寺 郷太(にしでら ごうた、1973年11月27日 - )は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー。

ノーナ・リーヴスのシンガー、メイン・ソングライターであり、バンド以外でも作詞・作曲家、歌手、音楽プロデューサー、小説家、脚本家、MCとして活動している。「GOTOWN RECORDS」主宰。

東京都千代田区で生まれ、京都府京都市で育つ。京都成章高等学校を経て、1996年3月に早稲田大学第二文学部西洋文化専修卒業。既婚。

来歴

早稲田大学在学中、後にバンドノーナ・リーヴスのメンバーとなる奥田健介、小松シゲルと出逢う。4年生の時、下北沢のライヴハウスでデモテープを1000本以上配布、様々なミュージシャンと出会い、デビューのきっかけを得る。

1996年12月、ノーナ・リーヴス、アンダーフラワーからファースト・アルバム「サイドカー」をリリース。翌年、ワーナーミュージック・ジャパンから「ゴルフ ep」でメジャー・デビュー。その後、バンドは2021年までに17枚のオリジナル・アルバム、3枚のカヴァー・アルバムを含む多数の作品を発表している。

2011年、V6の楽曲制作にプロデューサーとして参加。以後、しばらくの間メンバーと協力関係を持ち、2013年にリリースされたアルバム『Oh! My! Goodness!』に至るまでレコーディングに定期的に携わる。

2014年、初のソロ・アルバム『テンプル・ストリート (Temple St.)』を発表。この作品には、親密な交流を重ねるジャクソン5(ジャクソンズ)のギタリスト、ティト・ジャクソンなども参加。自ら設立した「GOTOWN RECORDS」からのリリースとなっている。また、この年には初の小説『噂のメロディ・メイカー』を発表。鈴木おさむ脚本・演出、今田耕司主演舞台「AVM」の音楽を担当。楽器演奏と歌の他、初めて俳優として出演。

2016年、錦織一清演出のミュージカル「横浜 JAM TOWN」の音楽を担当、ドラマーとしても出演する。

2016年、2017年 大塚製薬「ポカリスエット」CMソング「キミの夢は、ボクの夢。」作詞を二年連続で手がける。第69回、第70回広告電通賞の最高賞にあたる「総合広告電通賞」を大塚製薬が連続受賞。

2016年10月、錦織一清演出、A.B.C-Z主演舞台、ミュージカル「株式会社、応援屋!!-OH & YEAH!!-」の脚本・音楽を担当する。

2017年、NONA REEVESメジャー・デビュー20周年を機に、古巣のワーナーミュージック・ジャパンへ復帰。

2017年4月-6月。早稲田大学エクステンションセンター講師に就任。「ポップ先生の80’s音楽戦国史」なるテーマで6回の講座を担当。

2018年 ナビゲーターを務めた『J-WAVE SELECTION Kakaku.com THE TRUE STORY OF MICHAEL JACKSON』にて第56回上期ギャラクシー賞ノミネート。

2019年4月-2020年3月 NHK-FM『ディスカバー・マイケル』MC担当。NHK編成局長特賞受賞。

2019年 高校時代から書き留めてきた手書きノートの数々を書籍化した「伝わるノートマジック」発表。翌年には第2弾として姉妹作の「始めるノートメソッド」を出版。文藝春秋digitalにて半自伝的小説「90’s ナインティーズ」連載開始。

2020年 Spotify公式ポッドキャスト「西寺郷太のGOTOWN Podcast」開始。7月、NONA REEVESとタワーレコードがタッグを組み発足したレーベル「daydream park records」の第一弾作品としてセカンド・ソロ・アルバム『Funkvision』リリース。11月には初イラストレーション展「Another side of Gota Nishidera」東京・渋谷 BAG ONE にて開催。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。