お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

堀川りょう



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

堀川 りょう(ほりかわ りょう、1958年2月1日 - )は、日本の声優、俳優。本名:堀川 亮(ほりかわ まこと)。アズリードカンパニー(代表取締役)所属。大阪府出身。青二プロダクションに所属していた頃は堀川 亮(ほりかわ りょう)の芸名で活動していたが、2001年4月3日に現在の芸名に改名した。インターナショナル・メディア学院学院長。妻は同じく声優の及川ひとみ。

人物

経歴

小学校低学年から子役として活動。1967年に国民的ヒーローとして人気を博した時代劇ドラマ『鞍馬天狗』(大瀬康一主演版)の主人公の相棒・杉作少年を演じて脚光を浴びる。実力派子役として京都・太秦などで活躍し、『素浪人 月影兵庫』『素浪人 花山大吉』『水戸黄門』などに出演した。劇団四季にも所属していた時期がある。1969年のドラマ『なんでも引き受け候』で4代目三遊亭小圓遊や中村玉緒とレギュラー出演したことがあった。

1984年にテレビアニメ『夢戦士ウイングマン』の主人公・広野健太役で声優デビュー。非常に嬉しいとおもったが、一方で慣れない仕事に対する悩みもあったという。実際に動画が完成した状態での収録だったが、台本を見ていると絵が動いて先へ行ってしまい、逆に絵を見ていると手元の台本が見られないことがあり、それによりジレンマに陥り、セリフをある程度丸暗記して(細かい「てにをは」は勘弁してもらい)画面のみを見て収録した。

青二プロダクションで活動後、アーク・ライツを経て、現在の事務所に所属しその代表取締役となった。現在は声優養成所インターナショナル・メディア学院の学院長も務めている。俳優としてはタカモトプロ所属となっている。

獨協大学を中退している。特技は水泳、野球、英会話(実用英語技能検定準1級所持)。

特色

温厚な好青年から冷徹な悪役やライバル役まで、幅広い役柄を演じる。声優としての活動開始当初は『聖闘士星矢』のアンドロメダ瞬や『レディレディ!!』のアーサーなど線の細い中性的な役柄を多く演じていたが、『ドラゴンボールZ』のベジータを転機に、『剣勇伝説YAIBA』の鬼丸猛や『名探偵コナン』の服部平次など、少年漫画の主人公のライバル役を演じる機会も多くなった。

エピソード

若手時代、積極的な態度を誤解され、周囲から孤立してしまった時、佐藤正治と戸谷公次に「これから皆で飲みに行くから、来るか?」と声をかけられ、それをきっかけに皆と仲良くなれたことを感謝しており、後に佐藤と現場で一緒になった際、「あの時は嬉しかったなぁ」と言ったところ、「まだ言ってるのか」と笑われたと言う。

動画と脚本をチェックしている際、ニュアンスなどを変えたほうが良いと判断した部分についてはリハーサルで変更するケースが多く、自分をリラックスさせる意味もあるという。

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』は思い出深い作品で、いまも語り継がれるガンダム史に名前を刻めたことを、誇りに思っているという。『0083』で担当した役のコウ・ウラキについては、ひよっこから一人前の戦士へと成長する姿が印象的と語っている。

『GS美神』の横島忠夫役は、一時期シリアスなキャラクターが続き、アドリブを言えずにフラストレーションが溜まっていたところへオファーが舞い込んで来たものだった。丁度ギャグ物をやりたいと思っていた堀川は、番組プロデューサー関弘美の「この役は君にしかできない」という言葉にも応える形で、喜んで引き受けたという。久々に「気分の赴くままに思いきり」な演技が可能なキャラクターを担当した堀川は、アドリブの多さにおいて堀川以上の認知度を誇る共演者の千葉繁と共にアドリブを連発していた。また、主役の美神令子役の鶴ひろみは「2人のすぐ後だと吹き出して台詞を言えないことがあった」と語っている。また、原作者である椎名高志の結婚式の際、堀川は鶴と共に司会を担当した。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。