CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 藤澤ノリマサ

藤澤ノリマサ

藤澤ノリマサ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

藤澤 ノリマサ(ふじさわ のりまさ、1983年3月8日 - )は、日本の歌手、作曲家である。身長172cm。AB型。北海道札幌市東区出身。

人物

  • 声楽家の父と、歌謡教室の講師だった母との間に生まれる。クラシック・オペラ・カンツォーネ、演歌や歌謡曲など多様な音楽があふれる家庭だった。
  • 幼少からピアノを始めたが練習を好まず、ピアノ教室を辞めたり再開したりを繰り返していたという。
  • 小3の時に出場した地域のカラオケ大会で優勝し、人前で歌う喜びを知る。それからコンテストやカラオケ大会に参加。中学時代にNHK-BSの番組の本選に進むが変声期を指摘され落選、高1の時に『NHKのど自慢』に出場して優勝している。
  • 国語の教材詩に作曲をしたところ、創立記念祭テーマ曲に採用される。校内合唱コンクールではクラスのピアノ伴奏を担当。担任や同級生から「のりまき」と呼ばれていた。
  • 高校時代、夏季留学先のカナダでセリーヌ・ディオンに影響を受け、洋楽を聴くようになる。セリーヌとテノール歌手のアンドレア・ボチェッリとのデュエット楽曲を聴き歌手になることを決意。
  • 父の母校でもある武蔵野音楽大学声楽科に入学。菊池英美に師事。同門下に江原啓之がいる。ファンクラブイベントのサプライズゲストとして2人が出演したこともある。
  • 大学在学中はバラード曲を集中して制作。「バラード以外は歌わないと決めていた」「バラードに身を捧げた音大生」だったと語っている。
  • 趣味はカフェ巡り、お笑い・漫才・落語鑑賞。林家木久扇、綾小路きみまろのファン。
  • 空港・飛行機マニア。好きな機体はボーイング747。
  • 影響を受けたアーティストとしてセリーヌ・ディオン、ビリー・ジョエル を挙げている。ラスベガスにあるセリーヌの劇場に行くために年に1度は渡米している。
  • デビュー直後には「ポップオペラの貴公子」とのキャッチフレーズがつけられていた。また、アニメ『新テニスの王子様』のオープニング主題歌「未来の僕らへ」を担当したときは、サビで突然歌い方がベルカント唱法に変わる意外性がアニメファンにも受けて「謎オペラ」と命名された。
  • 公言している目標は「紅白歌合戦出場」「東京オリンピックの開会式で歌うこと」「日本武道館でコンサートをすること」。
  • 音楽活動

    デビュー前

    大学入学後、音楽事務所やレコード会社にデモテープを送り、コンテストやオーディションを多数受ける。ライブハウスや路上ライブなどでも活動。インディーズで「Remember」「その悲しみに触れない距離に」をリリースしている(2017年にファンクラブ限定で抽選販売された)。

    同事務所のSister Qのシングル『愛と夢』にFujisawa名義でゲスト参加。

    2008年

    4月30日にシングル『ダッタン人の踊り』でメジャーデビュー。ロシアの作曲家ボロディンのオペラ『イーゴリ公』の「韃靼(だったん)人の踊り」をサビに引用し、ポップスの作曲、全体の作詞は藤澤が担当した。

    USENの4月度問い合わせチャートで3位を記録。デビュー前日の4月29日には、東京ミッドタウンでの「デビュー前夜祭」で1000人を動員した。デビュー以降、全国各地でインストアイベントを精力的に行う。


     

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    前売:9,000円
    (全席指定・税込)

    ★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
    お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
    (受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


    【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
    初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
    アプリにチケットが表示されるまで15〜30分程度かかる場合がございます。表示が確認できない場合は、アプリの再起動やページの更新をお試しください。
    (「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
    2022年10月1日 (土)
    タウンニュースホール