お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

水谷千重子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

友近(ともちか、1973年8月2日 - )は、日本のお笑いタレント、ものまねタレント、女優。本名、友近 由紀子(ともちか ゆきこ)。

愛媛県松山市市坪北出身。吉本興業東京本社(東京吉本)所属。

人物・エピソード

  • 松山市立石井小学校、松山市立椿中学校、松山東雲高等学校、松山東雲女子大学人文学部卒業。大阪NSC23期生。
  • 血液型:B型、星座:しし座。
  • 愛称「ともちー」。姉が一人いる。母親は占い師の友近千鶴。
  • スリーサイズは、B94・W63.8・H96。バストはDカップだと自身で公言している。
  • 着用している和服は美輪明宏が「通しか着ない渋好み」と評する物を自ら選んでいる。
  • 舞台の出囃子は沢田研二の「カサブランカ・ダンディ」。
  • 座右の銘は「問題即解決」「私は悪口を言ってるのではなく、これは世直しやねん。」
  • 略歴

    幼い頃から「お笑い」好きで、姉と一緒に台本の無いアドリブ芝居をしたり、モノマネをしたりして楽しんでいた。小学生の頃にはお笑い芸人になることを考えるようになり、「花王名人劇場」を観たことがきっかけで自分もモノマネで名を知られるようになりたいと思った。しかし芸人になる道が分からず、歌うことが大好きだったこともあって歌のオーディションやカラオケ大会、のど自慢大会にチャレンジするようになった。

    14歳の時、毎日放送「全日本ジュニア歌謡選抜」全国大会において渡辺美里の「Long Night」を歌い準優勝。1994年、大学3年生の時に愛媛県代表として出場した「第18回 長崎歌謡祭」を地元・愛媛のテレビ局が中継していたことがきっかけで、同局の番組レポーターのアルバイトをするようになり、大学在学中より『とにかく愛媛5:00』(テレビ愛媛)のレポーター、『特盛鴻上丼』(あいテレビ)のアシスタントなどを務めた。。ローカルタレントのらくさぶろうと「ディープ・キス」というコンビで活動していたが、1996年に解散。

    大学卒業後は愛媛県内の旅館道後温泉大和屋で1年ほど仲居をしていたが、再び地元テレビ局に声をかけてもらって3年ほどレポーターの仕事をしていた。一時は多くのレギュラー番組やCMを抱える「愛媛のスター」となるが、自分がやりたいこととのずれを感じるようになり、26歳の時に吉本総合芸能学院(NSC)に入ることを決めた。

    2000年8月に大阪に移りNSCに入学する。同期には勝山梶、モンスターエンジンなどがいる。27才でNSCに入学したため、年下の同期や先輩が多い。(年下の先輩として千鳥やNON STYLE、ピースなどがいる。)

    この頃、通天閣でエレベーターガールや、喫茶店でウェイトレスのアルバイトをしながら、訪れる観光客の言動を観察、研究していた。

    2001年3月、NSC卒業。以後、baseよしもとを中心に活動するが、女子中高生が中心の客層の中、爆発的な人気を得るには至らず、また格上クラスのタレプロ組が当時ほぼ固定されていたこともあり、2003年9月のうめだ花月移籍による卒業まで、レギュラー落ちの可能性のあるガブンチョ組扱いであった。しかし、その秀逸な芸がFUJIWARA、バッファロー吾郎をはじめとする先輩芸人に注目され、深夜番組などに頻繁に起用されるようになる。

    第1回新人お笑い尼崎大賞で優秀賞受賞。

    2002年、ピン芸人NO.1を決める「R-1ぐらんぷり2002」でファイナル進出。2003年、第33回NHK上方漫才コンテストで優秀賞、NHK新人演芸大賞で大賞をそれぞれ受賞。


     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。