お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

川上洸



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

川上 洸(かわかみ たけし、1926年 - )は、日本の翻訳家。

人物

1926年、ソウル(京城府)に生まれる。東京大学文学部言語学科卒業。

ソビエト連邦大使館に勤務する。ノーボスチ社東京支局に勤務する。

1951年頃より、ロシア語およびポーランド語や英語の文章からの翻訳に、従事する。ポーランドの映画化された小説『灰とダイヤモンド』の訳者である。ソビエト体制側から書かれた書物の翻訳出版のほか、ソビエト体制の非人間性を告発した書物の翻訳出版も行っている。

著書

  • 『ソヴェトの地理』理論社 1952 ソヴェトを知るために
  • 『自然の改造』理論社 1953 ソヴェトを知るために

翻訳

  • ユーリイ・トリーフォノフ『モスクワの青春』三一書房 1951
  • レーニン『社会主義と戦争 他十七篇』川内唯彦共訳 国民文庫 1953
  • 国際学生連盟編『世界の学生運動』国民文庫、1954
  • イリヤ・エレンブルグ『人は生きることを望んでいる』訳編 新潮社 1954
  • ザハルチェンコ『未来への旅』理論社 科学の仲間 1955 
  • ザハルチェンコ『未来への旅 オートメーションから宇宙旅行まで』理論社 1957 
  • エフレーモフ『アンドロメダ時代 大星雲への旅』理論社 1959 『アンドロメダ星雲への旅』改題
  • イェジェイ・アンジェイェフスキー『灰とダイヤモンド』三一書房 1961 のち旺文社文庫、岩波文庫 
  • アルブーゾフ『イルクーツク物語』泉三太郎共訳 未来社 1962 てすぴす叢書

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。