お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

泉三太郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

泉 三太郎(いずみ さんたろう、1926年4月21日 - 2003年1月10日)は、日本のロシア文学者、翻訳家、図書出版社社長。

本名・山下三郎。兄にドイツ文学者の山下肇。弟に三浦大四郎(文芸座プロモーション代表取締役)。

略歴

東京生まれ。1949年、東京外国語大学ロシア科を卒業し、泉 三太郎名義で『イルクーツク物語』の翻訳(1961年度テアトロン賞)など、当時のソビエト文学の翻訳、紹介とともに、自作の小説、評論等を発表する。さらにソビエトの演劇を紹介し、「イルクーツク物語」「私のかわいそうなマラート」などの日本での上演にも関わった。

1955年に大病を患ったのを機に、出版社経営に注力するようになり、図書出版社社長、ダヴィッド社取締役などを務めた。出版流通対策協議会会長・相談役もつとめた。

20代から狩猟を趣味とし、全日本狩猟倶楽部理事をつとめ、副会長にもなった。

共著

  • 演劇小辞典 石崎一正 ダヴィッド社 1977.11

翻訳

  • こちらはもう朝だ チヤコフスキー 彰考書院 1952
  • 黄鉄歩哨に立つ チャコフスキー 五月書房 1952
  • 暗黒物語 パナイト・イストラチ ダヴィッド社 1953.8
  • オーデルの春 エ・ゲ・カザケーヴィチ ダヴィッド社 1954 (ダヴィッド選書)
  • 社会主義リアリズムの方法と歴史 形式主義とたたかうモスクワ芸術座 アナスタシェフ 未来社 1954 (未来芸術学院)
  • 雪どけ エレンブルグ 新潮社 1955 (一時間文庫)
  • 第九の波 エレンブルク 岩波書店 1955 (現代の文学)
  • 俳優の記録 レオニードフ 未来社 1955
  • イルクーツク物語 アルブーゾフ 川上洸共訳 未来社 1962 のち旺文社文庫

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。