お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

大野いと



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

大野 いと(おおの いと、1995年7月2日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。福岡県中間市出身、ホリプロ所属。

来歴

兄が2人、2歳年上の姉が1人おり、「いと」は本名である。姉の名前が「縫(ぬい)」で、両親が「糸で布を縫うように仲の良い姉妹になるように」という願いを込めて命名した。また、兄弟全員の名前がそれぞれの生まれた年の干支に因んだ名前となっており、長男は寅年なので「たいが」、次男は辰年なので「りょう」、長女は戌年なので「ぬい」、大野自身は亥年なので「いと」と名付けられた。

綾瀬はるかのファンで、2008年夏休みに福岡県で行われた映画『おっぱいバレー』のロケを友人と一緒に見学しに行ったときに、綾瀬のマネージャーにスカウトされる。その時はTシャツにミニスカート、サンダルという格好だった。

『週刊文春』2009年9月17日号の「原色美女図鑑」と、2009年12月22日発売の『週刊少年マガジン』(4・5号併合、表紙は綾瀬)で、モデルとして登場。後者の撮影では『おっぱいバレー』のロケ地となった筑豊電気鉄道萩原電停や門司港レトロなどを訪れた。

2010年2月から雑誌『Seventeen』の専属モデルとして活動を開始。

2011年春公開の映画『高校デビュー』でヒロイン・長嶋晴菜役に抜擢。これが女優としてのデビュー作となった。

2011年、中間市立中間中学校卒業後上京。

2012年11月『第91回全国高校サッカー選手権大会』8代目応援マネージャー就任。

2015年10月スタートの『馬子先輩の言う通り』(フジテレビ)で、ドラマ初主演。

2015年7月、雑誌『Seventeen』の専属モデルを卒業。

2016年3月、『ライ王のテラス』で初舞台出演。大野は、戯曲の作者である三島由紀夫を、2014年の1年間、大学で研究の対象にしていた。

2016年3月、中間市のPR大使に就任。

2018年3月、大学を卒業。卒業論文のテーマは「アンドレイ・タルコフスキイの鏡論」。

2019年4月、グリーンチャンネルのイメージキャラクターとなる。

2019年12月に2020年の東京オリンピックの5月13日に聖火リレーで通過する福岡県のランナーとして内定した。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。