CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 芹澤優

芹澤優

芹澤優



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

芹澤 優(せりざわ ゆう、1994年12月3日 - )は、日本の女性声優、歌手、アイドルであり、アイドルグループ・i☆Risのメンバー。81プロデュース、エイベックス・ピクチャーズに所属。東京都出身。愛称は主にゆう、ゆうちゃん。アミューズメントメディア総合学院声優タレント専科マスターコース卒業。

経歴

小学2年生のときにアニメ『満月をさがして』を見たことがきっかけで、自分も夢を見つけて叶えたいと思い、声優に憧れるようになる。この頃は素直すぎる子どもであったと振り返っており、小学5年生のときに担任の先生から自由に生きなさいと言われて以降は自分に素直に生きるようになった。中学1年生のときに『涼宮ハルヒの激奏』というイベントDVDを見て、担当声優のライブパフォーマンスになんだこれは!とすごい衝撃を受けて、そこから自分のやりたいことが全部できるのは声優という職業なんだと思い、声優になることを決心した。

高校1年生から養成所(専門学校)で学ぶようになり、高校2年生のとき、大手レコード会社エイベックスと、声優事務所81プロデュースがタッグを組んで開催した『アニソン・ヴォーカルオーディション』に挑戦する。2012年7月(高校3年生の夏)、オーディションに合格。このオーディションの合格者6名によるユニット「i☆Ris」が結成され、芸能界デビューを叶えた。

2013年に声優としてデビュー。主にテレビアニメを中心に活動するが、吹き替え、ラジオパーソナリティー、テレビ番組のMCなど、活動の幅を拡げるようになった。2014年からおよそ4年間にわたり、『プリパラ』と続編の『アイドルタイムプリパラ』)にて、南みれぃ役を務めた。

2016年には、第10回声優アワードにてi☆Risの一員として歌唱賞を受賞した。

2016年12月、Zepp DiverCityにて、自身初めてのワンマンライブを開催。この席上で2017年4月のソロとしての歌手デビューを発表。田村ゆかりの楽曲を多く手掛けている太田雅友を音楽プロデューサーに迎えることになった。2016年8月の「Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-」(「i☆Ris」の一員として出演していた)の打ち上げの席上で太田と会話の場を持つ機会を得たが、「もしソロデビューする時は太田さんに曲を書いて欲しいと思っているんですよ」と話した際、「是非是非」と返答されたが、このとき本人は社交辞令と思っていたという、この会話で交わされたことが現実になった。

2017年2月に、初の写真集である『君と』を発売。同年4月26日に1stミニアルバム『YOU&YOU』を発売してソロ歌手デビューを果たした。同年11月29日、2ndミニアルバム「only you? only me!」を発売。12月3日、自身2回目のワンマンライブを開催した。

2018年4月クールのテレビアニメ『3D彼女 リアルガール』(五十嵐色葉役)で、自身初めてのテレビアニメの主演を務めることになった。

2019年3月、第13回声優アワードで助演女優賞を受賞した。

活動

「i☆Ris」としてのユニット内でのイメージカラーはブルー、キャッチフレーズは「いつでもー!みんなをー!I love you ちゃーん」。

2012年に『アニソン・ヴォーカルオーディション』に合格したことにより、i☆Risの一員として、芸能界デビューをすることになったが、本人曰く、オーディションに受かったときは、ソロでの活動になると思っていたので、6人組でアイドル活動をすると知らされたときはあれ?と正直驚いた。もともと声優、ソロ歌手になりたくてオーディションを受けたからという気持ちであったという。また、憧れである田村ゆかり、平野綾のように歌って踊れる声優になりたかった、私が歌いたい曲を、着たい衣装で歌いたかったことが、芸能界を目指した理由の一つであったと述べており、このようなことから、「i☆Ris」としてグループで活動することは、自分が描いていたイメージとは違うと感じていたという。芸能界入り当初から、ソロ歌手としての活動は自身にとっての悲願とし続けていたが、2016年12月に自身初めてのソロ歌手としてのワンマンライブ、2017年4月にソロとしての歌手デビューを叶えることになった。ソロ歌手としての活動を開始するにあたり、i☆Risでの活動がなければ、ソロとしての歌手デビューにつながっていなかったと思います。i☆Risにはいろんなタイプのメンバーがいて、それを見てきたからこそ、私はこうしたいと明確に出せるようになったって、すごく思うんです。自分のファンがやっぱり芹澤が好き!って言ってくれることが大事なんじゃないかなと思えるようになったということを、2017年春のインタビューにて述べている。

歌手活動における基本的な考え方として、大事にしているのは、自分がアイドルであり、声優であること。アイドルであることは、絶対自分のなかで大事にしておかないといけないと述べている。2ndミニアルバムのジャケットの猫耳の衣装は、「自分がアイドルであり声優である」ことをより鮮明にする意図があったという。かわいらしさを前面に出す一方で、私の普段見せていない部分」を表現する姿勢を心掛けていると述べている。先述のように、自分はすごく自分が好きであることが活動全体における原動力とのことだが、特にライブ中は私が世界一。私が一番輝いていると思いながら歌っているという。理由として、自分が見たいアイドル像を、自分が体現することが大切と思うからと述べている。そのため、ツイッターで弱音を吐かない」など、自分の中で課している自分ルールが多くあるとのことである。

アイドルでも声優でもあり続けたいことが活動全体としての基本姿勢であることを、インタビューで折に触れて言及しており、アイドルと声優のどっち(の活動)もがんばって、声優業界で初めてアイドルとして胸を張れる声優になりたいと思っています「いくつになってもアイドルもする!そこは貫きたいなって思います。(そのためにもやっぱり声優をちゃんとして、ただアイドルをしている訳じゃないっていうのをわかってもらえるように活動していきたいと述べている。2016年12月に、i☆Risとしての日本武道館での公演を実現させたが、2017年のインタビューにおいて、ソロ歌手として武道館を満員で埋めて、そのステージで歌うことが目標。それを実現させるまでは絶対にやめません、ソロとして武道館で歌うことは、自分の中では『絶対の約束』みたいなものですねと述べている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。