お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

桂夏丸



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

桂 夏丸(かつら なつまる、本名:阿倍あべ 清彦きよひこ、1984年8月15日 - )は、群馬県吾妻郡吾妻町(現・東吾妻町)出身、落語芸術協会所属の噺家、俳人。出囃子は『あゝそれなのに』。

人物と芸風

父は根付作家、母は声楽家。小学生の頃から落語と俳句に熱中して東京まで寄席通いを続け、群馬県立渋川青翠高等学校2年生の時に桂幸丸に弟子入りを許され、自宅で稽古を付けて貰うようになる。

2003年(平成15年)3月、卒業と同時に正式入門、桂夏丸の名で前座。2007年(平成19年)9月1日二ツ目昇進。四代目桂米丸一門伝統の新作落語で研鑚中。

実力派の若手俳人としても評価が高く、高校在学中の2002年度上毛新聞社主催『上毛ジュニア俳壇』にて最優秀賞。翌2003年には『上毛ジュニア文学賞特別賞』受賞。

2018年(平成30年)5月新宿末廣亭上席より、真打に昇進した。

桂小すみとともにユニット「サマスモ」を結成している。

出典

脚注

参考文献

関連項目

  • 群馬県出身の人物一覧

外部リンク

  • 桂夏丸 - 落語芸術協会
  • 桂夏丸 (@59815k) - Twitter
  • 桂夏丸のブログ - Ameba Blog
  • マイ愚息=桂夏丸 - archive.today(2013年4月27日アーカイブ分)(父親のサイト)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。