お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

カワミツサヤカ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

カワミツサヤカ(1984年10月8日 - )は日本のシンガーソングライター。沖縄県石垣市出身。現在、東京近郊を拠点に活動中。主にバラードを中心とした、聞く者の心に響く魂の唄をアコースティック・ギターの弾き語りで歌っている。かつて所属していたガールズロックバンドBUBBLEGUMではボーカル、ギターを担当、2016年からは5ピースバンド「物語」のボーカルも担当している。

経歴

ギター好きな両親の影響を受けて、小学生の頃にギターを始めた。

2002年8月15日に平地優、安里希音とスリーピースガールズバンドBUBBLEGUMを結成し、作詞、作曲を含む音楽活動を開始。メンバーは全員石垣市出身で、中学時代の同級生。進学と同時に石垣島を離れ、活動拠点を沖縄本島、東京へと移していった。
2006年、メジャーレコード会社の徳間ジャパンコミュニケーションズと契約するが、2007年11月に所属事務所・レコード会社との専属契約を解除。その後、インディーズシーンで活動した後、2009年にバンド活動を休止。

2009年、ソロでの活動を開始、路上ライブから再スタート。


2011年6月11日、浜崎貴司(FLYING KIDS)、安岡信一(唄人羽)、小名川高弘(ex.CHARCOAL FILTER)、堤晋一(ex.Bivattchee)らとの共作楽曲を含む、ソロデビューアルバム『心の歩幅』をリリース、6月19日に地元石垣市のフサキリゾートヴィレッジで開催された東日本大震災チャリティーイベント「Tropical Lovers Beach Festa 2011 ― Pray for Japan ―」でもお披露目をした。戦場となった沖縄を歌った収録曲「琉詩」はカラオケDAMでも配信されている。

2013年5月3日、第16回鳩間島音楽祭に参加、新たなミュージシャンとの出会いから、単身でのライブ活動を再決心する。一方で、沖縄のおみやげCDナンバーワンアーティスト・DJ SASAのノンストップミックスCD『琉球ドライビング』シリーズ5作品にも参加を果たした。

2014年、2015年と2年連続で渋谷の老舗ライブハウス兼レストランB.Y.G主催の「東京うたの日コンサート」に出演し、同郷のBEGINらと共演。この間にデモ盤のミニアルバム『風波花』、『月の中』などを製作。聞いて心に染みたとファンを増やした。

2015年11月8日に、華菜枝、大坂孝之介、P.P.Pの元田優香らの参加を得て、約4年ぶりとなる2nd Album『露蕾〜つゆつぼみ〜』をリリース。

2016年は、毎月3曲を作り、月例のワンマンライブで発表すると宣言、2月から9月まで8回新曲を収録したサンプル音源をライブ会場限定で販売した。2015年8月の限定音源を含めた中から7曲を選択して、10月8日に3rdアルバム『赤いギター』としてリリース、同日の渋谷のライブハウスB.Y.Gでのワンマンライブではスペシャル音源「赤いギター」付きの特別版を発売した。

関東近郊、関西、北海道のライブハウス、沖縄料理店、沖縄関連イベント等でのライブ活動を展開しつつ、地元石垣島でも積極的にイベントへ参加している。

2017年は3月19日に金城弘美、仲田かおり、世持桜と地元女性歌手4人によるライブ「womanmusic vol.1」を開催、7月15日には夏川りみ、ミヤギマモル、成底ゆう子らとともに石垣市主催の「島んちゅカーニバル」に出演した。ワンマンライブでは三線、ピアノでの弾き語りをするなど、新たな表現にも意欲を見せている。
また、作詞、作曲した曲の提供も行っており、世持桜が2017年10月22日にリリースしたミニアルバム『ゆくい』には「三線の音(しゃみのね)」が収録された。Lisa Okiも「月の中」をライブのレパートリーとして度々カバーしている。

2019年2月、ホームページで結婚と妊娠を発表。

物語

2016年4月より、5ピース(当初は4ピースで、フィンが加入)のロックバンド「物語」にボーカル担当「歌野メロディ」として参加し、レパートリーの「MUSIC POWER」、「赤花」、「Beautiful day」、「さかなのうた」、「茜色の街角」、「青いキャンバス」などの作詞、作曲も担当している。

メンバー


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。