お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

能條愛未



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

能條 愛未(のうじょう あみ、1994年10月18日 - )は日本のアイドル、舞台女優であり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー、青春女子学園の元メンバーである。神奈川県出身。身長162cm。血液型A型。

略歴

3歳の時、『美少女戦士セーラームーン』の舞台を観て「ちびうさみたいになりたい!」と言ったのがきっかけで、小学生になる前から女優を目指し、母親がバレエ、ダンス、歌、演技を習わせた。小学生時代、すべての時間を習い事に費やし、レッスン漬けの日々を送った。小学5年生の時、舞台『アニー』のオーディションを受験したが二次審査で落選した。しかし、この経験で自信がついた。

中学3年生の時、1年で3作品の舞台に出演し、主役を演じた。その頃から「麻生梨里子」の芸名でミュージカルに出演し、青春女子学園のメンバーとして活動した。当時所属していた芸能事務所の本社は九州にあったため、福岡県でのライブ活動にはあまり参加できなかったが、センターを任されていた。後に『ミスセブンティーン2010』の上位候補者、『ミスマガジン2011』のベスト15に選ばれ、『もっと熱いぞ! 猫ヶ谷!!』でテレビドラマに初のレギュラー出演をした。

2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではアンジェラ・アキの「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」を歌った。オーディションは知人の勧めで応募した。合格後、演技や舞台の経験は生かされないかもしれないが、夢である女優に近づけると信じて加入した。2011年9月22日、乃木坂46は本名での活動を原則とするため、麻生梨里子ではなく能條愛未の名で活動することを発表した。

2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューした。

2014年4月19日、映画『死の実況中継 劇場版』で初の主演を務めた。

2015年1月10日、乃木神社で成人式を迎えた。

2016年1月5日から11日、『舞台「カードファイト!! ヴァンガード」〜バーチャル・ステージ〜』に戸倉ミサキ役で出演。同年9月17日、ウェブサイト「シネマズ松竹」で「能條愛未の週刊乃木坂映画」を配信開始。

2017年4月1日から9日、『舞台「カードファイト!! ヴァンガード」〜バーチャル・ステージ〜 リンクジョーカー編』に前作に引き続き戸倉ミサキ役で出演。同年4月28日から5月1日、『堀内夜あけの会「堀内健演劇講演会 未来のファンタジー」』にナターシャ、きの子役で出演。

2018年3月8日から18日、『ミュージカル「少女革命ウテナ〜白き薔薇のつぼみ〜」』に天上ウテナ役で出演して初座長を務める。同年6月と9月に行われた『乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」』にセーラージュピター/木野まこと役で出演した。2018年10月5日、乃木坂46アンダーライブ北海道シリーズ公演で、年内でグループから卒業することを発表した。さらに12月15日をもって卒業することが、乃木坂46公式サイトおよび自身の公式ブログで発表された。

人物

愛称は、あみあみ、ジョーさん。将来の夢は女優。3歳の時に初めて観た『ピーターパン』のミュージカルを主演した笹本玲奈(当時13歳)に憧れて芸能界を目指し始めた。2013年4月18日、朝日新聞社の『乃木坂と、まなぶ』で笹本にインタビューした際、感動で涙が込み上げてきそうになった。『死の実況中継 劇場版』の映画で初主演が決定した際はドッキリだと思った。

高校1年生の時、PASSPO☆の玉井杏奈・増井みおと同じクラス。また、元アイドリング!!!の朝日奈央は友人で、滝口ミラとは2010年から2011年にかけてミュージカル『アリス〜不思議の国の物語〜』で共演した。乃木坂46の同僚・衛藤美彩はグループ発足前から『ミスマガジン2011』や『もっと熱いぞ! 猫ヶ谷!!』で共演しており、その他、青春女子学園時代でも同僚だった川後陽菜、小学生の時に市民ミュージカルで共演した安藤美雲などの共演者もいる。

嗜好

好きな食べ物はカニ、いちご、グミ、しゃぶしゃぶ、オムライス。好きな女優は菅野美穂、元宝塚歌劇団の紫吹淳の男役も大好き。好きな言葉は「卵を割らなければオムレツは作れない」。好きなスポーツはバドミントン、バスケットボール。好きな動物は猫。読んだことのある本は、ロンダ・バーンの『ザ・シークレット』。観たことのある映画は『恋空』、『リリイ・シュシュのすべて』、『ヒミズ』。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。