お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

城南海



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

城 南海(きずき みなみ、1989年12月26日 - )は、日本の歌手。鹿児島県奄美市出身。本名同じ。

概要

城南海は、2009年1月7日に「アイツムギ」でデビューした歌唱力に定評のある実力派の歌手である。出身は、元ちとせ、中孝介、カサリンチュなどと同じく、奄美大島である。オリジナル曲のほか、様々なジャンルの曲をカバーしている。奄美民謡に特有のグインというこぶしを活かしているが、グインありきではなく曲に合わせた活かし方をしている。また、自ら作詞・作曲した曲も数曲リリースしている。楽器は奄美三味線も弾くが、2歳からピアノを習っており、ピアノの弾き語りも行う。高校は鹿児島県立松陽高等学校音楽科出身である。

14歳の年に鹿児島に移り住んでから、兄の影響で三味線とシマ唄を始めたが、市内の公園でシマ唄をパフォーマンスをしている時にスカウトされ上京した。そして、2009年1月にデビュー後、大学生活と両立させながら活動を続けた。アイルランドの音楽に惹かれているため、大学の卒業論文のテーマは、アイルランドと奄美の音楽の共通点についてであった。

2014年以来、テレビ東京系の番組『THEカラオケ★バトル』に出場し、初の10回優勝を成し遂げ、歌の上手さがそれまでよりも広く知られるようになった。100点満点を3回出しているほどであるが、機械採点による高得点だけを目指す歌ではなく、心に訴える歌が評価されており、大人世代のファンも多い。そして、いろいろなジャンルの曲を彼女の歌声で聴きたいという声もある。

現在、「ウタアシビ」と呼ぶライブを中心に活動しているが、ディナーショーを行ったり、テレビやラジオ出演も行っている。奄美の郷友会のイベントや企業のイベントに呼ばれて出演することもある。また、2つのFM曲でパーソナリティも行っている。

趣味はアクセサリー作り、映画鑑賞、絵画などであり、好物はカボチャなどである。

城南海の目指すところは、奄美のシマ唄やルーツを大切にしながら、自分なりの創造を行い、世界に発信していくことである。

また、言葉を伝えることを大事にしており、美しい日本語を受け継いで守り、伝えていくことを自分の使命と考えている。さらに、自らの歌を通じて、奄美を日本中さらには世界に広めたいと考えている。実際、城南海を知ってから、奄美に大きな興味を持つ人も少なくない。

奄美大島、大和村、瀬戸内町、徳之島の観光大使にも任命されており、奄美の自治体からも城南海は期待されている。奄美大島の世界自然遺産登録を目指す“唄島プロジェクト”にも参加している。。また、奄美市の公式マスコットキャラクターであるコクトくんの応援隊長も務めている。

経歴

1989年に鹿児島県奄美大島で生まれる。13歳のときに徳之島に一時住み、14歳の年に本土の鹿児島市に移住した。2歳よりピアノを習っていたが、奄美を離れてから、兄の影響でシマ唄をはじめる。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:6,500円(税込)
2018年12月23日 (日)
昭和女子大学人見記念講堂
販売終了