お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

飯尾和樹



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

飯尾 和樹(いいお かずき、1968年12月22日 - )は、日本のお笑い芸人であり、お笑いコンビずんのボケ担当。東京都世田谷区出身。浅井企画所属。血液型はO型。

プロフィール

  • 1990年、浅井企画に所属。1991年、お笑いコンビ「チャマーず」を結成しデビューを果たすも、翌年解散。1992年、村山ひとし(現放送作家・演出家)と「La.おかき」(ラ・おかき)を結成しツッコミを担当した。1997年のLa.おかき解散後からしばらくは1人で活動していたが、「ヘーシンク」というコンビを組んでいたやすと2000年に「ずん」を結成し現在に至る。現在はボケ担当。
  • なぜかコンビでの活動は少なく、『笑っていいとも!』や『いきなり!黄金伝説。』『内村プロデュース』などに単独で出演していたが最近はコンビの出演がふえてきた。なお、『笑っていいとも!』に初出演したその後、フジテレビに「あいつは誰だ?!」という質問の電話が殺到したとタモリが暴露し爆笑している。
  • カラオケ十八番はウルフルズ「ガッツだぜ!!」とモーニング娘。「恋愛レボリューション21」。
    • 「ガッツだぜ!!」は『めちゃ×2イケてるッ!』の「お笑い芸人歌がへたな王座決定戦スペシャル」にて、全く音程があっていないだけでなく、全体的に歌詞を棒読みしている様である他、かぎ括弧のコーラス部分まで無理に歌い、「ガッツだぜ?」と「?」がついているような独特の歌い方で爆笑を誘い見事優勝を果たした。最初にこの歌い方を発見したのは関根勤であり、2001年ごろには「コサキンDEワァオ!」内で飯尾が歌う「ガッツだぜ!!」が流されている。
  • かつてはサッカー日本代表の中村俊輔に似ていると言われる事もあった。
  • 小学校時代は少年野球チームに所属し、将来「早稲田大学を出てヤクルトスワローズに入りたい」と思っていたほどプロ野球選手を夢見ていたが中学時代に快心の当たりの打球が外野が少し下がった外野フライになった時に実力がないのを自覚し諦めた。高校時代にはバレーボール部に所属していた。
  • 芸風

    • スタジオ収録での雛壇トークや、国内・海外ロケにおけるとぼけた一言など、何でも笑いに変えてじわじわと込み上げるおかしさを誘う、独自の世界観を築き上げている。他人を貶めるネタがないことも特徴。
    • 2017年には100本以上のロケをこなしたことで「ロケ芸人」を自称し、テレビ関係者からも「スタッフが安心してロケが出来る芸人」のひとりとして飯尾の名が挙げられている。
    • 大喜利の腕には定評があり、『IPPONグランプリ』のスピンオフ企画『IPPONオープン』ではNo.1回答者に選ばれ、グランプリ本大会の第7回以降に出場している。また、大喜利のイベントである『ダイナマイト関西』では、2014年の決勝トーナメントに進出し、決勝戦でオードリー・若林正恭を破り優勝を飾った。

    ギャグ

    • 動きを伴ったギャグが十八番である。
      • 「ペッコリ45度」「後輩にはマイナス10度。ふんぞり」「ペッコリ、リコッペ」「スタコラツー、ツーラコタス」「グ・リ・コ、計算ミス」「座ったついでにシャロン・ストーン(氷の微笑のシーンのように足を組みながら)」「○○ついでに由美かおる(アース渦巻の看板のポーズ)」「ぱっくりピスターチオ」「忍法・眼鏡残し」 「一歩、二歩、三歩目から眼鏡とデッドヒート」
    • 漫談ネタに「現実逃避シリーズ」がある。寝転がり「平日の昼間から〜ゴロゴロ〜ゴロゴロ〜」とつぶやいたあと、現実離れしたことを言う。(例:「何でも10円で買えたらな〜」「幕末に生まれてたらな〜」)

    エピソード

    • 関根勤と映画を見に行く約束をし、渋谷で待ち合わせをしていると、通りかかったホームレスの人に「あんた、そんなしょげた顔してるとダメだよ」と励まされた。(前述の「笑っていいとも!」セミレギュラーが決まった頃の実話)
    • プロ野球 東京ヤクルトスワローズのファンで出川哲朗と神宮球場観戦の目撃情報が多い。
    • 本人もそれほどアピールしていないために意外に思われる特技としては料理がある。La.おかき時代にコサキンのラジオ番組で放送1000回記念イベントに出演する為にコサキンの関係者に許可を貰うコーナーがあり、その中で番組の元プロデューサーにネタを見せる際に接待として飯尾が得意の料理を披露した事がある。味も中々の様だったらしく、元プロデューサーからは「芸人やめて料理人やった方がいいんじゃないですか?」と言われたほど。
    • 「いいとも」サブレギュラー当時、『笑っていいとも!特大号』の恒例コーナー「いいとも!ものまね紅白歌合戦」にバカボンのパパに扮して登場し、あまりに激似だったためネットで反響を呼んだ。

     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。