お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

レオ・ドリーブ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

クレマン・フィリベール・レオ・ドリーブ(Cl?ment Philibert L?o Delibes, 1836年2月21日 - 1891年1月16日)は、バレエ音楽や歌劇で知られるフランス・ロマン派の作曲家である。「フランス・バレエ音楽の父」と呼ばれる。迫力や壮大などといった言葉とは無縁の、優美で繊細な舞台音楽を残した。

生涯

1836年、フランスの現在のサルト県に位置するサン・ジェルマン・デュ・ヴァル(Saint-Germain-du-Val)に生まれる。彼の父は郵便配達人で、彼の母親は、才能のあるアマチュア音楽家であった。彼の祖父はオペラ歌手であった。彼は、彼の父が1847年に死亡してからは、母親と叔父の手によって育てられた。1871年、35歳の折、彼はL?ontine Estelle Denainと結婚した。彼の兄弟であるMichel Delibesは、スペインに移住したが、スペインの作家ミゲル・デリーベスの祖父である。

パリ国立高等音楽・舞踊学校(パリ音楽院)でアドルフ・アダンに師事し、作曲を学ぶ。1853年には聖ピエール・ド・シャイヨ教会オルガン奏者を務める。1891年、パリで没する。

作品

バレエ音楽

  • 泉(La Source) - 1866年作曲。
    • 「ナイラ」(Na?la)とも。
      エルンスト・フォン・ドホナーニが「バレエ『ナイラ』からのバレエ」としてピアノ用に編曲している。
  • コッペリア(Copp?lia) - 1867年作曲。オペラ座で1870年5月25日初演。
    ドホナーニが「バレエ『コッペリア』からのバレエ」としてピアノ用に編曲している。
  • シルヴィア(Sylvia) - 1876年作曲。

歌劇

  • 2スーの石炭(オペレッタ)
  • グリファール氏
  • 庭師とその主人
  • 王の言葉
  • ニヴェルのジャン

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
16名限定!S席11,000円 → 8,600円さらに200Pゲット!
2019年3月15日 (金) 〜
2019年3月17日 (日)
東京文化会館(大ホール)