お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

鈴木沙織



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

鈴木 沙織(すずき さおり、1990年1月9日 - )は、山形県長井市出身のスキーハーフパイプ選手。城北信用金庫所属。

経歴

幼少期〜アルペン選手として

スキーを始めたのは3歳の頃、幼稚園児ながらひとりでスキー場に通う日々を送っていた。転機は小学校5年生、足しげくスキー場に通う鈴木の姿を見ていた地元のクラブチームから声をかけられ、アルペン競技の道を歩むこととなる。練習に練習を重ね、中学時代には全国大会に出場した。高校はスキーの強豪として知られる山形県立山形中央高等学校に進学。厳しい練習に耐えインターハイ優勝を目標に掲げるレベルにまで達していたが、予選1本目で1位を獲るも2本目で転倒、途中棄権となってしまう。大学からのスポーツ推薦の話もあったものの、ここで一度引退を決意する。これ以上両親に金銭的な迷惑はかけられない、手に職をつけたい、その理由から美容師になることを目標とし、東京の資生堂美容技術専門学校への進学を決める。ただ、この時点でもスキーに対する思いは断ち切れてはいなかった。

半年間の美容師生活

専門学校での課程を終え、美容師免許も取得し、そのまま東京の美容室に就職。ところが、借りていた部屋の近くに室内スキー場があることを知り、滑らずにはいられなかった。このままでいいのかという葛藤もあり、スキー選手に復帰することを決意。美容室での半年の勤務を経て、再びスキー競技の世界に戻ることとなる。

ハーフパイプへ

復帰先はアルペンスキーではなく、フリースタイルスキー。当時活躍していた辻麻衣子の滑りに憧れ、その指導者である白川大助(後のソチオリンピックハーフパイプ・スロープスタイルコーチ)に「オリンピックに出るんで、教えてください」と直談判した。 白川の主催する「白川塾(現:TEAM PROVE)」はソチオリンピックハーフパイプ代表(男子初)の津田健太朗、同スロープスタイル代表(女子初)の高尾千穂の他、多くのワールドカップ選手を輩出しており選手の育成には定評があった。鈴木は門下生として夏はトランポリンやウォータージャンプ、冬は尾瀬戸倉スキー場をベースとして技術の研鑽を積んだ。

2012年から海外の大会に本格的に参戦。12月のノースアメリカンカップ(ノルアムカップ:北米選手権)では4位に入るが、直後に右前十字靭帯断裂の重症を負ってしまう。

2シーズン後の2015年から国際大会に復帰、ノースアメリカンカップ4位、FISレース1位とワールドカップの下位大会ではあるものの着実に結果を残す。その後はワールドカップ入賞(8位以内)を複数回果たし、トップ選手のみが招待されるDew Tourに参加するなど平昌オリンピックに向けて順調に成績を積み上げた。

2016年には右膝内側靭帯損傷と怪我は続いたが、JOCの就職支援ナビゲーション「アスナビ」に応募、城北信用金庫に採用されることとなり、金銭面、練習時間などより恵まれた環境を得た。 また、12月のワールドカップで7位に入りSAJが定める平昌オリンピック選手派遣推進基準をクリアする。

2017年1月には右半月板損傷及び右前十字靭帯損傷と度重なる怪我に見舞われるが、懸命のリハビリの末に挑んだ復帰戦のワールドカップでは12位に入る。大会前の時点では日本人女子の平昌オリンピック出場枠は2枠。ランキングからソチオリンピック銅メダル・2017年世界選手権金メダルの小野塚彩那、次いで渡部由梨恵が選出される見込みであったが、12位に入ったことにより自らの手で日本人女子選手枠を3に増やし、オリンピック出場の権利を大きく引き寄せる。手術から1年も経っておらず万全のコンディションではない中、その後もワールドカップ上位に食い込み、2018年1月22日平昌オリンピック日本代表に選出された。

平昌では24人中12人が予選通過のところ1本目14位、2本通じても14位という結果になり、惜しくも予選通過はならなかった。終了後のインタビューでは悔しさのあまり号泣、本来の「泣き虫」が姿を見せた。

ワールドカップ転戦後に吉村美栄子山形県知事を表敬訪問、オリンピック出場を称して県スポーツ栄光賞が授与された。

主な戦績

 

使用マテリアル

スキー:STRICTLY(ストリクトリー)


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。