お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

篠田三郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

篠田 三郎(しのだ さぶろう、1948年12月5日 - )は、日本の俳優。本名は、大塚 晴生(おおつか はるお)。

東京都港区麻布出身。日本大学第二高等学校中退。田上事務所所属。

来歴

サラリーマンの父と母の長男で、弟が二人いる。豊島区立道和中学校を経て、1964年に日本大学第二高校に進学するが、翌年に大映第18期ニューフェース合格を機に高校を中退。将来の目標というのはあまりなかったが、映画への憧れはあり、東宝と大映のニューフェイスを受けたところ、東宝には落ちて運良く大映に受かったという。学業も続けようと思ったが、学校の方針で受け入れてもらえなかった。実家が小さな工場を経営しており、「役者で上手くいかなくとも家業を継げばいいか、という考えはあった」と述べている。

養成所期間を経て大映東京撮影所に入社し、1966年に映画『雁』でデビュー。その後は大部屋に配属され、主に通行人などで出演を続けることになる。この時期には、ガメラシリーズ『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』(1968年)にも端役で顔を出している。

1970年、帯盛廸彦監督の『高校生番長』で初主演を果たし、以後、全4作までつくられたシリーズに男優のエースとして出演。1971年、関根恵子(現・高橋惠子)と共演した『高校生心中・純愛』のヒットによって、『樹氷哀歌』『成熟』と関根とのコンビ作が続くが、この年末に大映は倒産してしまう。

活躍の場をテレビへと移し、TBSのプロデューサー・橋本洋二からの誘いで『ガッツジュン』で初レギュラーを得て、同じく橋本がプロデューサーを務めた『シルバー仮面』にも春日兄妹の三男・光三役でレギュラー出演した。1973年のウルトラシリーズ『ウルトラマンタロウ』(TBS)では、主人公・東光太郎役を演じる。同年、NHK『天下堂々』でも主演し、幅広いお茶の間の支持を得た。翌年(1974年)の『若い!先生』では教師・海堂健太役を演じ、TVスターとしての地位を確立する。

1975年、大映テレビ制作の刑事ドラマ『TOKYO DETECTIVE 二人の事件簿』に主演。夜10時台のドラマとしては高視聴率を獲得したため、翌年(1976年)には8ヶ月のブランクを経て、続編『新・二人の事件簿 暁に駆ける!』も制作された。この間、映画でも複数の作品に助演したのち、高林陽一監督『金閣寺』で主人公・溝口を演じている。1977年には、大河ドラマ『花神』でさらに広範な人気を得るとともに、ドラマ人間模様『夫婦』(1978年)でも忘れ難い印象を残す。

以後は活動の中心をテレビに置きながら映画や舞台にも出演し、さわやかな個性で人気を得ている。1990年には、長寿ドラマ『部長刑事』シリーズの『新・部長刑事アーバンポリス24』に主演。2000年代に入ってからは、映画『忘れられぬ人々』などで悪役も積極的に演じている。また、『ピュア・ラブ』シリーズや、野島伸司脚本の『ゴールデンボウル』などで印象的な役柄を演じた。

人物・エピソード

趣味は、ゴルフ、旅行。特技は、乗馬、ボクシング。

1975年に結婚し、一男一女がいる。

『二人の事件簿』以降も、刑事ドラマ『兄弟刑事』『Gメン'82』にレギュラー出演したが、いずれも短命に終わってしまった。『Gメン』に関しては、番組の知名度の低さから「ホントに出てたの?」と言われたことがあるという。

『シルバー仮面』 関連


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。