お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

篠田三郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

篠田 三郎(しのだ さぶろう、1948年12月5日 - )は、日本の俳優。本名は大塚 晴生(おおつか はるお)。東京都港区麻布出身。

身長178cm、体重76kg、血液型はO型。日本大学第二高等学校中退。

略歴

2人兄弟の長男。豊島区立道和中学校を経て1964年に日本大学第二高校に進学するが、翌年に大映第18期ニューフェース合格を機に高校を中退。養成所期間を経て大映東京撮影所に入社し、1966年に映画『雁』でデビュー。

1971年、関根恵子(現・高橋惠子)と共演した『高校生心中・純愛』のヒットによって関根とのコンビ作が続くが、この年末に大映は倒産したために活躍の場をテレビへと移す。

1973年、『ウルトラマンタロウ』(TBS)の主人公・東光太郎役を演じる。

正統派の二枚目スターとして『タロウ』放映終了後も人気が高く、1978年には初の民放1時間枠ゴールデンタイム単独主演として『一発逆転』に起用されるが、視聴率が振るわず唯一の例に終わった。ただし、その後もNHKを中心に準主演、助演で起用され続けている。誠実で実直なキャラクターを得意とし、大河ドラマの武将役などでも渋い実力派の役どころ(丹羽長秀、稲葉一鉄など)を多く振られている。

1975年に結婚し、一男一女がいる。

人物

『シルバー仮面』で殺陣師を務めた高倉英二は、台詞を完全に覚えてくるために現場で台本を見ることはなかったと証言しており、真面目で俳優として素晴らしかったと評している。同じく『シルバー仮面』で共演した夏純子からも、落ち着いた人物だったと評されている。

『ウルトラマンタロウ』関連

  • 『タロウ』出演前、『ウルトラマンA』第20話で船乗りを目指す篠田一郎青年役でゲスト出演したのは、ウルトラマンシリーズの新たな主役に篠田がふさわしいと考えたプロデューサー・橋本洋二が、篠田に撮影現場の雰囲気を知ってもらうためだった。
  • 『タロウ』出演が決定して『A』の撮影現場を見学した時、北斗星司役の高峰圭二が白いマフラーを巻いているのを見て自分も使用したくなり、高峰に申し出て『タロウ』の撮影でもマフラーを使用することになった。
  • 撮影所には電車で通っていたが、いつのまにか眠り、目を覚ますとファンの子供達が集まって真剣な眼差しで自分を見つめていた。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
先着先行

<カンフェティ取扱チケット>
S席(1階席・2階前方席):12,000円
A席(2階後方席・車いすスペース):8,500円
B席(3階席):6,000円
(全席指定・税込)
2019年1月6日 (日) 〜
2019年1月20日 (日)
明治座