お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

三田和代



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

三田 和代(みた かずよ、1942年11月20日 - )は、日本の女優。大阪府大阪市出身。矢島聰子事務所所属。関西学院大学文学部中退。

人物・略歴

実父は「コピーの三田」で知られる三田工業(後の京セラミタ、現・京セラドキュメントソリューションズ)の創業者であった三田繁雄。母は鳥取県出身で、三田工業は両親で興した会社だという。この会社は後に兄の三田順啓が社長となった。弟は作家で大学教授の三田誠広。

大学中退後、俳優座養成所(第15期生)へ入所(同期には前田吟・栗原小巻・原田芳雄・竜崎勝・小野武彦・秋野太作・地井武男・林隆三など)。

1966年、日生劇場『アンドロマック』で舞台デビュー。劇団四季に入団し、『なよたけ』『オンディーヌ』などに主演。

テレビドラマでは『樅ノ木は残った』に出演。

1984年、劇団を退団。

『歌麿 夢と知りせば』で夫婦役を演じた岸田森とは、32歳から岸田が亡くなるまでの8年間、私生活の上での交際相手でもあった。岸田森が亡くなった際には、喪主を務めた。

岸田の進言もあり、活動の中心は舞台に据えている。

出演作品

舞台

  • アンドロマック(1966年、日生劇場 作:ジャン・ラシーヌ 演出:浅利慶太)
  • なよたけ(劇団四季 作:加藤道夫)
  • オンディーヌ(劇団四季 作:ジャン・ジロドゥ)
  • 汚れた手(1977年、パルコ/劇団四季 作:ジャン=ポール・サルトル 演出:浅利慶太)
  • カッコーの巣をこえて(1978年、パルコ/劇団四季 脚色:デール・ワッサーマン 演出:浅利慶太)
  • エレファント・マン(1981年、劇団四季 作:バーナード・ポメランス 演出:浅利慶太)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。