お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

南果歩



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

南 果歩(みなみ かほ、1964年1月20日 - )は、日本の女優。

兵庫県尼崎市出身。桐朋学園大学短期大学部卒業。ホリエージェンシー所属。

来歴

尼崎市立尼崎高等学校を経て桐朋学園大学短期大学部を卒業。

短大在学中の1984年に映画『伽?子のために』のヒロイン役オーディションに応募、2000人の中から選ばれ、主役で芸能界デビュー。

1985年にはTBSのポーラテレビ小説『五度半さん』のヒロイン役でテレビドラマに進出する。さらに1986年9月には坂東玉三郎演出の『ロミオとジュリエット』のジュリエット役で初舞台を踏み、以後、映画、テレビ、舞台と女優業を中心に活躍する。特に1989年には『夢見通りの人々』等の映画での助演に対して助演女優賞が贈られている。

2015年にはアメリカ映画『MASTERLESS』に出演し海外作品にも進出。

私生活では、1995年に、ミュージシャン・作家の辻仁成と結婚、1男をもうけたが、2000年3月に離婚。2003年1月にテレビ東京の2時間ドラマ『異端の夏』で共演した俳優の渡辺謙と2005年12月3日に再婚するも2018年5月17日に離婚している。

所属事務所の変遷は現代制作舎、ユマニテなどを経て、2009年4月よりエス・エス・エム(2011年4月より同社の吸収合併に伴い、よしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属後、2012年12月1日付でホリエージェンシーへ移籍。

2015年11月より出身地である兵庫県尼崎市の「尼崎市PR大使」を務める。

人物

2007年1月11日放送のNHK総合のトーク番組『スタジオパークからこんにちは』内で母親が韓国人であることを告白した。南自身は在日3世である。また2007年4月24日付の『中央日報』日本語版サイトで、前夫である渡辺謙が「妻の故郷が釜山(プサン)なので、韓国と縁が深い。妻の母親が韓国人だ」 と告白している。

2012年12月24日放送のNHK総合のドキュメンタリー番組『ファミリーヒストリー』では一族が取り上げられた。母方の祖父は韓国慶尚北道出身で両班の家系、さらにさかのぼると唐の役人であったと称している(南敏、英陽南氏)。祖父は剣道具職人であったが、貧困から1937年に和歌山市に移住、1940年家族を呼び寄せ、京都市に転居し、終戦後、尼崎市の在日町に転居、大阪市で廃物商を営み1981年死去。韓国に埋葬された。両親は離婚している。離婚後、母親は喫茶店を経営した。

2016年3月11日に乳がんのステージ1の診断により手術を受けた。

瀬戸内寂聴と親交がある。

出演


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
先行割引
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
先着限定!
A席:6,480円 → カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)
(全席指定・税込)
2019年11月13日 (水) 〜
2019年11月26日 (火)
新国立劇場
小劇場