お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

原田ゆう



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

原田 ゆう(はらだ ゆう、1978年12月6日 - )は、日本の劇作家・脚本家・コンテンポラリーダンサー。劇団温泉ドラゴン所属。福岡県北九州市出身。血液型AB型。

経歴

玉川大学芸術学科卒業。大学卒業後、日本大学芸術学部大学院にて、演劇を専攻。 コンテンポラリー・ダンスのダンサーとして『APE(エイプ)』『Nibroll(ニブロール)』等、数々の舞台に出演する。また、2007年に同世代の振付家・演出家で結成したアーティスト集団『群々(むれ)』に参加。2008年より井手茂太主宰のダンスカンパニー『イデビアン・クルー』に参加する。ダンサーとして活動するとともに、並行して劇作活動もしており、『キッチュ』が第5回かながわ戯曲賞の最終候補に選出される。『見上る魚と目が合うか?』で第18回日本劇作家協会新人戯曲賞を受賞。『君は即ち春を吸ひこんだのだ』が「日本の劇」戯曲賞2014・最優秀賞を受賞。『浮いていく背中に』が平成27年度北海道戯曲賞の最終候補に選出される。2016年に上演された、原田脚本の『君は即ち春を吸ひこんだのだ』にシライケイタ(温泉ドラゴン所属)が出演したことが縁となり、2016年8月より温泉ドラゴンに参加。2017年夏、温泉ドラゴンに参加して最初の脚本作品である『幸福な動物』が上演された。

脚本作品

  • 『ふみきる』(2009年10月9日-10月11日、ホワイトスタジオ公演) - 脚本・演出
  • 『見上げる魚と目が合うか?』(2012年6月21日-6月24日・Atelierしつらえ、花とReと飛行の会公演) - 脚本
  • 『見上げる魚と目が合うか?』(2013年8月4日・座・高円寺2、劇作家協会公開講座 2013年夏・日本劇作家協会) - 脚本
  • 『浮いていく背中に』(2013年12月13日-12月15日・RAFT、Antikame?公演) - 脚本・演出
  • 『浮いていく背中に』(2014年4月4日-4月6日・北品川フリースペース楽間) - 脚本・演出
  • 『私、洗濯機をさらいにいくわ』(2016年1月30日・座・高円寺稽古場、日本劇作家協会) - 脚本
  • 『君は即ち春を吸ひこんだのだ』(2016年2月25日-3月1日・恵比寿・エコー劇場、公益社団法人日本劇団協議会) - 脚本
  • 『いつの間にかの、手』(2016年7月21日-7月24日・ワーサルシアター、cineman公演) - 脚本
  • 『空を仰ぐ』(2016年10月15日-10月16日・神楽坂セッションハウス、東京発ダンスブリッジ・インターナショナルPart2松本大樹ディレクションBOOK2) - 脚本・演出
  • 『幸福な動物』(2017年8月23日-9月3日・SPACE雑遊、温泉ドラゴン公演) - 脚本

コンテンポラリー・ダンサーとしての主な出演

舞台

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。