お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

小松亮太



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小松 亮太(こまつ りょうた、1973年10月30日 - )は、日本のバンドネオン奏者。タンゴ演奏家。東京都足立区生まれ。

両親ともタンゴ奏者であり、母親はタンゴ・ピアニスト、小松真知子。14歳よりバンドネオンを独学で始め、16歳よりカーチョ・ジャンニーニに師事。音楽理論を桐朋学園大学教授である岡部守弘に師事した。

他のミュージシャン、歌手、アーティストとコラボレーションも多く、これまでに共演してきたミュージシャンは石井竜也、葉加瀬太郎、沢田研二、THE BOOM、GONTITI、織田哲郎、小曽根真、大貫妙子、佐渡裕、須川展也、ミシェル・ルグラン、ミルバ、Bajofondo Tangoclubなど。また、NHK交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、イ・ムジチ合奏団などとも共演歴がある。

アマチュア団体の東京バンドネオン倶楽部の顧問と指導を1994年から務めている。また、ソニーミュージックのコンピレーションアルバム「image」には初回から参加している。夫人は、自身が率いる楽団のメンバーであり、ヴァイオリン奏者の近藤久美子。2018年度より洗足学園音楽大学客員教授。

人物

  • 3児の父である。
  • 「ムコ多糖症支援ネットワーク」で、チャリティライヴなど患者支援のための活動も積極的に行っている。

略歴

  • 1973年10月30日:東京都に生まれる。
  • 1987年:バンドネオンを独学で始める。
  • 1991年:藤沢嵐子のラストステージに伴奏者として参加。
  • 1998年7月:ソニーよりデビュー。
  • 1999年:ニューヨークのカーネギー・ホールにて演奏。全米デビューする。
  • 2000年:V.ラバジェン(バンドネオン)を招き、「Tango Spirit」ツアーを敢行。
  • 2003年:ブエノスアイレスでライブを行う。また、アルゼンチン演奏家協会、アルゼンチン音楽家組合、ブエノスアイレス市音楽文化管理局などから表彰される。バンドネオンのレオポルド・フェデリコの日本ツアーに参加。
  • 2004年:タンゴ・ピアノのオスバルド・ベリンジェリ、タンゴ歌手のマリア・グラーニャとツアーを行う
  • 2005年:国際交流基金の派遣事業として、南米4カ国のツアーを行った。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
先着先行

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:10,000円(税込)

【ご注意】
★カード決済のみ。4/25(土)10:00以降に
セブン-イレブン店頭レジにてチケットをお受取りください。
★チケット受取り時まで、席番はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可
2020年7月11日 (土) 〜
2020年7月12日 (日)
パシフィコ横浜
国立大ホール
先行受付終了