お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

寺脇康文



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

寺脇 康文(てらわき やすふみ、1962年2月25日 - )は、日本の俳優、タレント。大阪府大阪市出身。アミューズ所属。

略歴

岐阜県立岐陽高等学校(現・岐阜県立本巣松陽高等学校)卒業後、大学受験に失敗し、デパートの地下食材売り場でアルバイトしていた。働いていたデパートのエスカレーターに乗っている最中、アルバイトの初給料を見ながら、これからの自分は何をやって食べていけるか考え、出た答えが俳優であった。名古屋の俳優養成所でオーディションを受け、合格し入所。養成所卒業後、上京して1984年に三宅裕司主宰の劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」(SET)へ入団。同年11月、SETの第17回目公演『超絶技巧殺人事件』でデビュー。1987年、同劇団の岸谷五朗、山田幸伸と共にコントユニット・SET隊(せったい)を結成。SETの公演内やラジオドラマなどでコントを披露していた。

1994年、岸谷五朗と共にSETを退団し、企画ユニット「地球ゴージャス」を結成。舞台や映画、テレビドラマなど活動の場を広げる。

1996年4月の放送開始から『王様のブランチ』の司会を10年間務めた。地球ゴージャス公演中(東京公演・地方公演)も生放送、その直後劇場に戻って舞台出演と多忙を極めるスケジュールながらも番組を休むことはなかった。2006年12月に番組を降板し、2007年1月からは谷原章介にバトンタッチした。

2008年5月10日、『相棒』においての演技が評価され、同じく主演を務める水谷豊と共に第16回橋田賞俳優部門を受賞した。

2009年2月20日、『相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン』で亀山薫の演技が評価され、第32回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞した。

人物

  • 好きな俳優に、水谷豊と松田優作を挙げている。水谷については、『刑事貴族』・『相棒』で共演を果たした。寺脇は、俳優になったきっかけは『バンパイヤ』の水谷の演技を見たことだ、と様々なメディアで語っている。
  • 二女一男の子供がおり、3人とも成人している。
  • 漫画家を目指していたこともあり、絵が上手い。MCを務める『わんニャン倶楽部〜動物と楽しく暮らそう〜』では、番組内に登場した動物たちのイラストを披露している。
  • 『ルパン三世』の大ファンである。
  • 桑田佳祐のソロデビューシングル「悲しい気持ち」のテレビパフォーマンスでは、南流石らとともに桑田のバックダンサーとして出演。また桑田の映画監督作品『稲村ジェーン』にも出演したが、編集時に尺の都合で寺脇の出演したシーンは全カットとなった。
弟は帝京大学ちば総合医療センターの医師である。

出演

テレビドラマ

NHK総合


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。