お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

神奈川新聞社



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

神奈川新聞(かながわしんぶん、英語: Kanagawa Shimbun)は、神奈川県の地方新聞。神奈川新聞社が編集・発行する新聞である。発行部数は約18万部(2016年10月日本ABC協会 新聞発行社レポート)。

概要

1890年(明治23年)2月1日創刊。朝刊のみ発行。定価は1部120円、1カ月3,189円(2010年4月1日現在)。全国ニュースや経済ニュース、国際ニュースは共同通信社の配信を受けたものを掲載。また、地方新聞として、地域ニュースの掲載にも重点を置いている。とりわけ、スポーツ欄は「かながわスポーツ」と題し、プロ野球・横浜DeNAベイスターズやサッカーJリーグ、高校野球地区予選などを中心にスポーツ新聞並みの紙面構成を行っている。

土曜日掲載のゆとり欄「木もれ日」では直木賞作家角田光代、芥川賞作家藤沢周をはじめとした各ジャンルの有名作家がリレー連載を務める。

神奈川県内でのシェアは、読売新聞、朝日新聞、日本経済新聞に次いで第4位。三浦半島地域の横須賀市や三浦市、県西部の平塚市や秦野市、郡部では県平均を上回っているが、県庁所在地の横浜市で7%程度、東京に隣接する川崎市や相模原市では、2%〜4%程度とかなり読者が少ない。

神奈川県内の朝日新聞、読売新聞、毎日新聞の新聞販売店が取り扱っており、契約時に配達する販売店を選択できる。埼玉新聞や千葉日報と違い販売店の扱う割り当てを公表をしているので、スーパーマーケットなどの折込チラシが折り込まれる。東京都内では、町田市内の一部地域で宅配購読が可能なほか、JR・小田急町田駅の駅売店、株式会社全販(東京都千代田区)の1F受付カウンターでも即売している。

社是、企業理念

社是

言論の自由を守り 真実・公正な報道を貫き
地域社会とともに 明るい未来の創造を目指す

企業理念

  • 新聞を核にした情報の拠点として発展を目指します
  • 進取・創造の気概をもって豊かな21世紀づくりに寄与します
  • 県民・読者のパートナーとして温もりあるコミュニティーを創ります

沿革

  • 1890年(明治23年)2月1日 - 横浜貿易新聞創刊
  • 1906年(明治39年)12月 - 横浜貿易新報と改題
  • 1940年(昭和15年)12月 - 横浜新報と合併し神奈川県新聞と改題
  • 1942年(昭和17年)2月 - 神奈川日日新聞と合併し神奈川新聞と改題

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。