お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

熊切あさ美



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

熊切 あさ美(くまきり あさみ、1980年6月9日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。また、プロ雀士でもある。出生地は東京都杉並区、その後静岡県浜松市、愛知県名古屋市、千葉県船橋市などに居住。アーティストハウス・ピラミッド所属(2019年12月から)。

本名同じ。旧芸名、浅田 真子くまきり あさ美あさ美

来歴

高校生時代から広末涼子に憧れ、女優志望で芸能界を目指す。CMオーディションを皮切りにオーディションを受け始める。アルバイトをしながらレッスンに通い、2年間でASAYANを含む48回のオーディションを受け続けた後、1998年に「チェキッ娘」初回オーディションに合格し、初代メンバーとなった。メンバーIDは006。本人は、チェキッ娘メンバーとなった1998年を公式なデビュー年としている。

1999年7月、チェキッ娘の内部ユニット「METAMO」が結成されメンバーの1人となった。同年11月3日にチェキッ娘が解散するが、METAMOは解散せずにホリプロ所属となり、自身もホリプロ所属となった。このとき芸名をくまきりあさ美に改めた。チェキッ娘解散以降、なかなか仕事に恵まれない状態となり、さらに交際相手にふられたことも重なって引き籠もり状態となった。

2002年3月31日にMETAMOも解散すると、仕事が減少。そんな時にある番組で、共演者の「客商売の経験があるコは強い」という言葉を聞き、バラエティ番組での話術が鍛えられるのではと考えて、顔バレしないと思った仙台市のキャバクラで働き始めた。すぐに店のNo.1になり、客との結婚まで考えるようになっていたが、働いて1ヶ月後にはホリプロに知られてしまい、東京に連れ戻された。帰京してテレビ出演の機会を得ると、『踊る!さんま御殿!!』(2002年5月28日放送)にて、芸能界に踏み留まるためにはどんな仕事でもやると必死に訴えた姿から「崖っぷちアイドル」と呼ばれた。これを機に自らも「崖っぷちアイドル」と称し、写真集の表紙で崖にしがみつく姿を披露したり、トーク番組等で「瀬戸際の必死さ」をネタにしたりして、バラエティータレントとして活動するようになった。

2004年から2006年2月頃にかけて芸能人女子フットサルチーム『HORIDASHIMONO』時代のXANADU loves NHCに在籍していたことがあった。2006年、志村けんの一座「志村魂」のメンバーに選ばれる。また、関西ローカルのテレビ番組への出演が増加。レギュラーで出演中の『ぶったま!』(関西テレビ)で共演の大平サブローから、気象予報士になることを薦められ、気象予報士になる為の勉強を始めた。しかし学生時代から理系科目が苦手だったとのことで、ハードルが高過ぎたという。

2006年、日本テレビ系の『ミラクル☆シェイプ』において、一時72cmまで膨れ上がっていたウエストをプロフィール通りの58cmに戻すことに成功(同年11月12日・11月19日放送分)し、そのご褒美として同年12月9日発売の『BOMB』2007年1月号(学習研究社)では6年ぶりにグラビアを披露している。

2007年からは、ガケっぷちアイドル(2007年8月26日『24時間テレビ』(静岡第一テレビローカルパートの放送)など)、元祖ガケっぷちアイドル(2007年9月8日『ザ・クイズマンショー』など)という言われ方もされている。

2007年5月に横浜ベイスターズの那須野巧投手との熱愛が報じられた。本人はその事実を認めていた。テレビ朝日の『アドレな!ガレッジ』で私生活で彼氏がいることを自ら暴露した(那須野であるかは不明)。その後、同年12月29日にその那須野と破局したことを2007年12月30日のデイリースポーツなどが明らかにした。

2008年4月22日ブログ閉鎖。理由については、「管理する人がいない」と本人がブログに書き込んでいる。また同年10月9日に放送されたTBSの番組「客観偏差値バトル08 芸能人は己を客観視することが出来るのか!?」に出演した際にも、「悪質なコメントがしばしば書き込まれ、辛く悲しかった」とした上で、「他の芸能人のようにブログの不適切なコメントを削除してくれる人がおらず閉鎖を決意した」との趣旨を涙ながらに話した。その後ブログ活動を復活し、現在はアメーバブログに移転している。

2008年9月30日、所属していたホリプロを退社。同年10月にアービングへ移籍(2009年5月頃に退社)。2009年10月よりフロム・ファーストプロダクションへ移籍(2012年5月頃に退社)。

2010年6月9日、30歳の誕生日を機に芸名を再び本名の熊切あさ美に戻すことをブログで発表。自らプロデュースしたダイエットサプリメントを同年10月に発売した([1])。

2012年9月1日、自身のブログでディグ・エストへの移籍と「あさ美」への改名を報告した。その後2013年1月に、芸名を元の「熊切あさ美」に戻した。2015年4月にハーデスエンタテインメントへ移籍(K-point所属、ハーデスエンタテインメントと業務提携)。2019年6月末にスターレイプロダクションへ移籍するも、同年12月にはアーティストハウス・ピラミッドに移籍したことを明らかにした。

2020年6月、自身16年ぶりとなる写真集を出版。これが重版がかかって“美熟女”路線にも乗ったこともあって、2020年からの熊切自身は「第4次ブーム」とも言われている。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
前売:6,800円
最前列特別席:8,800円 
※席数限定・カンフェティ限定販売・ポスター&非売品クリアファイル付き
(全席指定・税込)

★WEB予約・お電話予約 どちらでも受付可★
お電話予約: 0120-240-540*通話料無料
(受付時間 平日10:00〜18:00※オペレーター対応)


【「モバパス(電子チケット)」選択可公演】(※カード決済のみ)
初めてご利用の方はLINK STATIONの提供するアプリ「モバパス」(無料)のインストールと会員マイページへのアプリ番号登録が必要です。予約後でも問題ございません。
(「モバパス(電子チケット)」の詳細はこちら
2021年12月8日 (水) 〜
2021年12月12日 (日)
俳優座劇場