CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 柳家小里ん

柳家小里ん

柳家小里ん



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

柳家 小里ん(やなぎや こりん)は、柳派に属する落語家の名跡。当代は特に代数を振っていないが、八代目朝寝坊むらくが「柳家小里ん」と名乗っている時期があるため、当代は二代目となる。

  • 先代柳家小里ん - 後?八代目朝寝坊むらく
  • 当代(二代目)柳家小里ん - 本項で記述

柳家 小里ん(やなぎや こりん、1948年(昭和23年)1月22日 - )は、東京浅草出身の落語家。落語協会所属。本名?安田 雅行。出囃子は「春雨」。紋は剣片喰けんかたばみ。血液型はA型。

経歴

東京都立江北高等学校卒業。高校時代は落語研究会で活躍するほか体操部にも所属。高校3年の時、高校総体に出場。タンブリングという種目で金メダルを取った。

高校卒業後、大学受験にチャレンジするも失敗。1969年1月10日に五代目柳家小さんの門をたたき、内弟子として目白の師匠の家に住み込みで修行に励む。内弟子として共に修行した兄弟弟子には、柳家小太郎、柳家小よし、柳家小二三がいる。1974年に二ツ目昇進し「小里ん」に改名。

1983年9月に蝶花楼花蝶、林家源平、林家正雀と共に真打昇進。

人物

趣味は相撲観戦、相撲の形態模写も得意。

浅草演芸ホールで毎年行われている吉例納涼住吉踊りでトンボを切るなど抜群の運動神経の持ち主である。

渋谷らくごの楽屋で初めてタピオカミルクティーを飲んだ。

浅草のパチンコ屋によくいる。浅草演芸ホールに出演する落語家が突然来られなくなり興行が滞りそうな時、前座はパチンコ屋に走り小里んに出演依頼する。小里んが「よし、わかった!」と行って、興行を救うという伝説が何度も繰り広げられている。

芸歴

  • 1969年1月 - 五代目柳家小さんに入門。前座名は「小たけ」。
  • 1974年5月 - 二ツ目昇進、「小里ん」に改名。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。