お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

一龍斎貞鏡



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

一龍斎 貞鏡(いちりゅうさい ていきょう)は、日本の講談師(講釈師)の名跡。5代目までは双龍斎 貞鏡(そうりゅうさい ていきょう)を名乗った。当代は7代目。

初代

初代 双龍斎 貞鏡(そうりゅうさい ていきょう)は、のちの2代目一龍齋貞山。

2代目

2代目 双龍斎 貞鏡(そうりゅうさい ていきょう)は、のちの2代目錦城斎一山。

3代目

3代目 双龍斎 貞鏡(そうりゅうさい ていきょう)は、のちの4代目早川貞水。

4代目

4代目 双龍斎 貞鏡(そうりゅうさい ていきょう、生年月日不詳 - 1909年12月26日)は、日本の講談師。本名・榎本勝太郎。

父は宝集家金蔵。叔父は錦城斎一山(のちの3代目真龍斎貞水)。はじめ初代放牛舎桃林の門下で放牛舎桃水、のちに叔父の門下となり錦城斎一勝。その後4代目早川貞水門下で早川小貞水をへて、1905年に双龍斎貞鏡を襲名したが34歳で亡くなった。

5代目


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。