お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

草刈民代



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

草刈 民代(くさかり たみよ、本名:周防 民代(すお たみよ)、1965年5月10日 - )は、日本の女優。元バレリーナ。愛称は「たみちゃん」。東京都新宿区出身。ワタナベエンターテインメント所属。

経歴

3姉妹の長女。夫は映画監督の周防正行。父は中央精版印刷株式会社社長の草刈龍平。父方の祖父は元中央精版印刷社長の草刈親雄。なお、俳優の草刈正雄とは苗字が同じというだけであって、血縁関係はない。

川村小学校卒業、川村中学校卒業、川村高等学校中退。札幌五輪のジャネット・リンに憧れバレエを始める。1973年、小林紀子バレエアカデミーに入門し、1981年、牧阿佐美バレヱ団に参加。ちなみに夫の周防正行によると、草刈はバレエを始めた8歳の頃からすでに「私は将来プロのバレエダンサーになるために今一生懸命やっているんだ」と高い意識を持って練習に励んでいたという。

1983年デビュー以来、同バレエ団の主役クラスを演じるダンサーに成長した。その後数々の賞を受賞。1990年にソビエト文化省招聘により海外で初めて公演を行った。

1996年、『Shall we ダンス?』で初映画出演及び初主演を果たす(役所広司とダブル主演)。同年3月9日に監督だった周防と結婚。

1997年、上記映画への出演に対して第20回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞やキネマ旬報新人女優賞など、数々の賞を得る。

2001年、草刈が憧れていたといわれる『カルメン組曲』への出演を果たす。2009年、自身がプロデュースも兼ねた公演『エスプリ〜ローラン・プティの世界〜』最終日(4月24日)をもって、バレリーナとしての現役を引退。

バレエダンサー引退後は、女優業に完全に転身し、2010年に放映されたNHKの大河ドラマ『龍馬伝』にて、テレビドラマ初出演した。2011年、『ダンシング・チャップリン』に主演。

2016年2月1日、個人事務所からオスカープロモーションに移籍。

2020年1月6日、ワタナベエンターテインメントへの移籍を発表。

レパートリー

  • 白鳥の湖(オデット/オディール)
  • 眠れる森の美女(オーロラ姫)
  • くるみ割り人形(金平糖の精)
  • ドン・キホーテ(キトリ/ドルシネア姫)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。