お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

小野武彦



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小野 武彦(おの たけひこ、1942年8月1日 - )は、日本の俳優。旧芸名:黒木 進。本名は同じ。

東京都狛江市出身。六月劇場を経て、シス・カンパニー所属。玉川大学文学部中退。身長173cm、体重74kg。血液型はA型。

来歴・人物

1942年、現在の東京都狛江市に生まれる。

俳優座養成所(15期生)卒業後、文学座へ入団。

1960年代後半から脇役として活動を開始。

1970年代中盤より『大都会シリーズ』(大内刑事役)や『前略おふくろ様II』(木下明役)などのレギュラー出演で知名度を高める。

1980年代は再び脇役での出演が多くなる。

1990年代以降、三谷幸喜作品や『踊る大捜査線』などのヒット作に恵まれる(三谷作品にはたびたび起用されることになる)。

2000年代以降は『科捜研の女』に長期レギュラー出演したり、各作品にて父親役に起用される。

『踊る』シリーズで共演した北村総一朗と斉藤暁とは「スリーアミーゴス」を名乗り、舞台公演やCM・バラエティーにも多数出演した(斉藤とは『科捜研』シリーズでも7年間共演した)。

名門・俳優座及び文学座で学び、長きにわたりさまざまな役を演じてきただけに、演劇界から「大ベテラン」と認められる存在である。後輩(特に新人)役者と共演した際には、ドラマの本読み(読み合わせ)の時点で「こいつはダメだな(=大成しない、役者としては短命であろう、など)」と直感し、ほとんどの場合は予想通りだったと『チューボーですよ!』にゲスト出演した際には堺正章に語った(「今だから言えるけどね」とも)。

旧芸名である「黒木進」時代は、所属事務所の先輩俳優である黒部進とたびたび混同され、出演料が誤って入金されたこともあったという。

地井武男と村井国夫に振られて平泉成のモノマネをした際には、公の場で披露している末吉くんに劣らぬほどの技量を見せた(フジテレビ放送番組『ボクらの時代』11月9日放送分での3人の対談より)。

2010年4月、活動屋からシス・カンパニーに移籍した。

親族

戦前に読売新聞文芸部長を務め、演芸記者から小唄作家・小説家になった小野金次郎は祖父。武彦によれば金次郎は「チャールズ・チャップリンが1932年に初来日した時に通訳を務めた人物」であった。武彦の自宅には祖父が残したチャップリンのサイン入り写真が飾られていることを明らかにしている。妻と娘が2人おり、妻は薬剤師で長女は産婦人科医である。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。