CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 池田エライザ

池田エライザ

池田エライザ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

池田 エライザ(いけだ - 、IKEDA Elaiza、本名および旧芸名:池田 依來沙(読み同じ)。1996年(平成8年)4月16日 - )は、日本の女優・歌手・ファッションモデル・映画監督・タレント。フィリピン生まれ、福岡県福岡市出身。エヴァーグリーン・エンタテイメント所属。第13回ニコラモデルオーディショングランプリ。元『ニコラ』(新潮社)『CanCam』(小学館)専属モデル。

経歴

生い立ち

フィリピンで生まれ、日本の福岡県で育った。父は日本人、母は歌手でモデル。

モデル

2009年、ファッション雑誌『ニコラ』(新潮社)の第13回ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得。同年10月号から「池田依來沙」名義で専属モデルとして活動を開始。2010年3月号という異例の速さで初表紙を飾る(伊藤夏帆と共同)。同年4月6日より「ニコログ」を担当する。2011年2月(3月号)、オーディション出身同期で同い年の春川芽生、松井愛莉、古畑星夏と4人でニコラ内のユニットを結成。ニコラ読者からユニット名を募集し、4月(5月号)にユニット名が決定。「?4ever(ラブフォーエバー)」のユニット名で活動する。2012年4月号で初の単独表紙を飾る。2013年5月号をもって同誌を卒業。表紙掲載回数は7回(内単独表紙2回)であった。

2013年、6月号より『CanCam』(小学館)の専属モデルとなった。同時に名前を「依來沙」という漢字から「エライザ」のカタカナ表記に変更した。2016年5月号で、初めて表紙を飾った(山本美月と共同)。2017年2月号で初の単独表紙を飾った。2018年3月号をもって同誌専属モデルを卒業する。

2018年4月より、2018年度PARCO SWIM DRESSキャンペーンガールに起用される。

俳優

モデルとして活動するかたわらで芸能界入り当初より女優を目指し、オーディションを受けては落ち続ける日々を過ごす。

2011年公開の『高校デビュー』で映画デビューし、『絶叫学級』(2013年公開)にも出演。2014年、メイベリンニューヨークが展開するリップクリームシリーズ「BABY LIPS」のキャンペーン企画として制作されたVine史上初となる連続ドラマ『BABY MAGIC』で初主演を務める。

2015年、園子温監督の映画『みんな!エスパーだよ!』のヒロインに抜擢され、本格的に女優活動を開始する。同映画への出演はオーディションでの採用だったが、園に自身の映画をどう思うかと聞かれ、素直に「嫌いです。血みどろだったりセックスだったり、でも最終的には家族の愛なんてどんだけシャイなんだ」と答えたところ、受かったという。

2015年、DJ和によるMIX CD『サマパ!summer party mixed by DJ和』のジャケット写真に起用される。ビキニ姿の彼女がセルカ棒を持ち自ら撮影するという試みが行われた。2016年、東京ガールズコレクション公式のラブソング・コレクション『TGC presents LOVE ME MUSIC』のジャケット写真に起用される。撮影は東京ガールズコレクション2016 A/Wのキービジュアルを手掛けた蜷川実花が担当している。

2016年、globeのデビュー20周年プロジェクトの一つで、小室哲哉が描いた歌詞の世界を象徴的に映像として表現するミュージック・ビデオのプロジェクトに参加。その第1弾として池田は、「FACE」のビデオの主演を演じた。同年4月、モキュメンタリー方式で撮影されたドラマ『SHIBUYA零丁目』でドラマ初主演。同ドラマはフジテレビオンデマンド(FOD)にて配信ドラマとして配信された後、フジテレビにて地上波で再編集版が放送された。同年、アメリカ合衆国のガール・グループフィフス・ハーモニーのヒット曲「ワーク・フロム・ホーム feat タイ・ダラー・サイン」の日本版ミュージック・ビデオ「ワーク・フロム・ホーム feat 池田エライザ」に出演。ビデオでは曲名に因んで「働く女性」が表現されており、池田はOL、寿司職人、清掃員、大工を演じている。また、ダンスも初めて披露している。

2017年3月31日にFODでライブストリーミング配信され、同年10月から12月にかけてフジテレビでも放送されたドラマ『ぼくは麻理のなか』でヒロイン・吉崎麻理役を演じた。同年11月公開の『一礼して、キス』で映画初主演を務める。

2019年、「リングシリーズ」の『貞子』に主演。同年、『夏、至るころ』で映画監督に初挑戦、公開は2020年12月4日となった。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。