お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

DRUM TAO



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

DRUM TAO(ドラム・タオ)は、大分県竹田市久住町を拠点に活動する和太鼓演奏グループ。TAO(タオ)ともいう。

概要

「世界で通用するエンターテイメント」という目標を掲げ結成された。和太鼓を主体に、篠笛・箏などによる演奏や殺陣などのパフォーマンスを行なっており、2016年3月現在で、22ヶ国・400都市で合計650万人を動員している。また、タオエンターテイメントを設立し、国内外公演のマネージメント、広報、デザイン、映像制作などを行っている。

2000年、阿蘇くじゅう国立公園内に、大小3つの稽古場、トレーニングジム、スパ、ゲストハウスなどの複合施設を備えた4万平方メートルの「TAOの里」を建設。2009年に、2,000人収容できる稽古場・兼野外劇場「赤兜」を建設している。

2009年、「エンタテイメントとラーメンの融合」や「日本のかっこよさ」を世界へ発信することを謳い、ラーメン・チェーン「博多一風堂」を運営する力の源カンパニーと、タオエンターテイメントとが共同会社TAO・一風堂パートナーズを設立。2010年には国内外にコラボショップを開店している。

沿革

  • 1993年 - 愛知県小牧市にて結成。
  • 1995年 - 大分県直入郡久住町(現・竹田市)に移転。
  • 1998年 - 国民文化祭おおいた’98の「全国郷土芸能の祭典」「アジア芸能の祭典」をプロデュース。
  • 2000年
    • 7年半で九州を中心に100万枚のチケットセールスを記録。
    • 久住町にTAOの里を建設。
  • 2004年 - スコットランド・エディンバラで開催される芸術祭「エディンバラ・フェスティバル・フリンジ」に初参加。
  • 2005年 - エディンバラ・フェスティバル・フリンジに2年連続出場し、チケットセールス第1位を樹立。この頃から本格的に海外公演を開始する。
  • 2006年 - ドイツで3ヶ月に及ぶロングラン公演。
  • 2007年 - 台北アリーナにて、2日間の単独公演を行い、4万人を動員。
  • 2008年 - 2年連続で台北アリーナで単独公演。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。