お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

愛甲猛



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

愛甲 猛(あいこう たけし、1962年8月15日 - )は、神奈川県逗子市出身の元プロ野球選手(内野手・外野手・投手、左投左打)・俳優・実業家・野球評論家・コーチ。

長男は、社会人野球クラブチームTOKYO METSの選手兼任コーチである愛甲大樹。

経歴

プロ入り前

小学生から野球を始める。体が成長し始めた中学時代は身体能力の高さからバレーボールやバスケット、水泳などにも誘われるほどだった。

横浜高校では1年生から左のエースとなり、1978年の第60回全国高等学校野球選手権大会に出場。途中、1年生の時に同級生で副キャプテンの(二塁手;卒業後に読売ジャイアンツドラフト外入団)安西健二と一緒になって1か月にわたって野球部の合宿所を脱走して不良仲間の家を転々としていたが、警察に補導されて当時監督を務めていた渡辺元が身元を引き受ける形で野球部に戻った。3年時の1980年にはエースで3番打者を務め、第62回全国高等学校野球選手権大会決勝戦では、アイドル的な人気を得ていた早稲田実業のエース・荒木大輔に投げ勝ち優勝した。

ロッテ時代

本人は地元である横浜大洋ホエールズか西武ライオンズへの入団を希望していたが、同年のドラフト会議でロッテオリオンズから1位指名を受ける。ドラフト前に愛甲を最も熱心に誘ったのは大洋で、原辰徳の外れ1位と言われていた。大洋から指名されなかった場合は社会人のプリンスホテル硬式野球部を経由して西武に入団するという密約を西武と結んでいたため、ドラフト後の記者会見で「ロッテにはいきたくありません」と発言してしまい、露骨に嫌な表情を浮かべた写真や映像が知られることなった。しかし、他の指名選手に遅れて入団。入団発表での記者会見で「野球をやめたら吊るしの洋服屋がやりたい」というコメントを残す。入団後は高橋博士のものだった背番号1を与えられた(高橋は背番号を15に変更)。また愛甲を目当てに多くのファン、とりわけ女性(後述)がキャンプや試合に訪れた。イベントにも女性が殺到し、バレンタインデーには280個のチョコレートが届いた。

1年目の1981年は開幕から一軍に上がり8試合に登板。6月25日に西武ライオンズを相手に先発するが、早々に打込まれ降板、敗戦投手となる。9月23日には2度目の先発、近鉄バファローズの橘健治と投げ合い6回を3失点と好投するが、7回には森脇浩司に3点本塁打を喫し力尽きた。ナゴヤ球場でのジュニアオールスターゲームにもオールイースタンで出場。

翌1982年は5試合の登板にとどまる。

1983年は中継ぎに回り、チーム最多の48試合に登板している。

1984年からは野手へ転向。チームの主砲落合博満に弟子入りして打撃技術向上に取り組む。落合に受けた自主トレはスパルタ教育そのもので、余りの厳しさに愛甲がつい「これでも甲子園優勝投手ですよ」とこぼすと、落合は「そんなに甲子園がいいなら甲子園に帰ればいい」と一喝。愛甲はこれでプライドを捨てることができたという。落合は厳しい指導の反面、愛甲を可愛がり、行動を共にすることが多かった。打者転向に一番大きな役割を果たしてくれたと愛甲は自著『球界の野良犬』で語っている。またこの自著によると、当時のロッテは落合派と有藤派に分かれているとされ、打者として頭角をあらわして以降の愛甲は落合派の代表とみなされたが、「お互い一匹狼のオチさんと自分が派閥なんてつくるはずはなかった」と反論している。

1986年には主に右翼手として一軍に定着、66試合に先発出場し打率.265を記録した。

翌1987年のシーズン前半は一塁手、後半は山本功児にポジションを譲り、主に両翼を守った。

1988年は開幕から五番打者、一塁手として起用され、チームの主軸として本塁打17本と初の二桁を記録、また初めて規定打席(13位、打率.286)にも到達した。近鉄のパ・リーグ優勝がかかった、10.19のダブルヘッダー第1試合では、初回に小野和義から先制2ラン本塁打を放った。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。