お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

オープン3周年記念キャンペーン TicketsTodayを訪問して2,000カンフェティポイント獲得

ズービン・メータ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ズービン・メータ(Zubin Mehta, ヒンディー語: ?????? ????? [?zu?b?n ?me??t?a?] 1936年4月29日 - )は、インド出身の指揮者。

人物・来歴

ボンベイのゾロアスター教徒の家庭に生まれる。ペルシア系の祖先を持つ。父メーリ・メータも指揮者であり、地元のボンベイ交響楽団の指揮者として活動した。

1954年にウィーン国立音楽大学に留学し、指揮法の名教師として名高いハンス・スワロフスキーに指揮を学ぶ。

1958年にリヴァプールで行われた指揮者の国際コンクールで優勝し、一躍注目される。

1959年にはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団を指揮してデビューし、大成功を収める。

1961年からモントリオール交響楽団の音楽監督、1962年からロサンジェルス・フィルハーモニックの音楽監督に就任し、それぞれ1967年と1978年まで在任した。ロサンジェルス辞任後、ニューヨーク・フィルハーモニックの音楽監督に就任し、1991年まで在任した。

1985年にはフィレンツェ五月音楽祭管弦楽団の首席指揮者に就任し、1996年には同歌劇場と日本公演を行った。

2004年1月よりミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団名誉指揮者。2006年6月までミュンヘンのバイエルン州立歌劇場音楽総監督。

2006年10月にバレンシアに開館されたソフィア王妃芸術館(Palau de les Arts Reina Sofia)にて毎年開催される地中海音楽祭の総裁を務めている。

現代の巨匠

コンサートのみならず、オペラにおけるレパートリーも広範にわたる。響きは豊潤、スケールは雄大であり、かつての巨匠指揮者を偲ばせる芸風である。1965年にメトロポリタン歌劇場でヴェルディの『アイーダ』、ザルツブルク音楽祭でモーツァルトの『後宮からの誘拐』を指揮し大成功を収めた。各地での野外オペラや、三大テノールといった大きなイベントをまとめ上げる手腕は、高く評価されている。2008年、第20回高松宮殿下記念世界文化賞の音楽部門を受賞。

ウィーン・フィルとの関係

これまで5度、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による新年恒例のニューイヤーコンサートの指揮台に立った(1990年、1995年、1998年、2007年、2015年)。ニューイヤーコンサート登場5回は、ヴィリー・ボスコフスキー、クレメンス・クラウス、ロリン・マゼールに次ぐ第4位の多さであり、年替わり制となってから登場した指揮者としては最多である。ウィーン・フィルとの関係は深く、1997年にウィーン国立歌劇場名誉会員となり、2001年にウィーン・フィルの名誉団員、2007年にウィーン楽友協会名誉会員となった。ウィーン・フィルへの初登場は1962年のザルツブルク音楽祭である。

イスラエル・フィルとの関係


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。