お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

石田種生



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

石田種生(いしだたねお、1929年<昭和14年>4月11日−2012年<平成24年>4月30日)は、昭和後期から平成にかけての舞踊家、振付師。島根県大田市出身。

年表

  • 1929年<昭和4年> 島根県大田市の料亭・仁万屋の5男として生まれる。
  • 1950年<昭和25年>慶應義塾大学美学科に入学。演劇研究会に入部。舞踊家・伊藤道朗から初めてダンスを学ぶ。 慶應義塾大学内に「バレエ研究会」を設立。松山バレエ団の松山樹子らに師事。
  • 1952年<昭和27年>服部・島田バレエ団に入団。
  • 1953年<昭和28年>服部・島田バレエ団を退団。青年バレエグループを結成。
  • 1954年<昭和29年>慶應義塾大学を卒業。松山バレエ団に男性第一舞踊手として入団。
  • 1955年<昭和30年>『白毛女』の台本・振付・主演により舞踊家としてデビュー。
  • 1958年<昭和33年>松山バレエ団の中国公演で『白毛女』の主演。
  • 1963年<昭和38年>『枯野』『砂の城』『影武者』の三部作を発表。
  • 1968年<昭和43年>松山バレエ団を退団。東京シティ・バレエ団を創設。
  • 1969年<昭和44年>『女面』を発表。
  • 1970年<昭和45年>文化庁派遣在外芸術研究員として1年間、欧米諸国をめぐる。
  • 1971年<昭和46年>改訂版『白鳥の湖』、『エスメラルダ』を発表。
  • 1975年<昭和50年>『お夏清十郎』を発表。
  • 1978年<昭和53年>韓国国立バレエ団に招聘され、『シンデレラ』を振付・演出。
  • 1983年<昭和58年>『耳なし芳一』を発表。文化庁舞台術術創作奨励賞を受賞。
  • 1986年<昭和61年>『挽歌』を発表。第3回埼玉国際創作舞踊大賞選考フエスティバルで最優秀賞を受賞。
  • 1988年<昭和63年>橘秋子特別賞を受賞。3月16日、交通事故にあい、瀕死の重傷を負う。
  • 1990年<平成2年>バレエ界に復活。広島合同バレエ祭で『ライン』を発表。

  •  

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。