お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

村治佳織



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

村治 佳織(むらじ かおり、1978年4月14日 - )は、日本のギタリスト。東京都台東区出身。

同じくギタリストの村治奏一は実弟。

来歴

3歳頃から父・村治昇にギターの手ほどきを受け、日々厳しい特訓を受ける。その後、10歳からはクラシックギタリストの福田進一に師事。

1989年、日本ジュニア・ギター教育協会主催:日本ジュニア・ギター・コンクールにて最優秀賞を受賞。

1991年、学生ギター・コンクールにおいて、全部門通じての最優秀賞を受賞。

1992年、ブローウェル国際ギター・コンクール(東京)と東京国際ギター・コンクールで優勝を果たす。

1993年、津田ホールにてデビューリサイタルを開催。同年、デビューCD「エスプレッシーヴォ」をリリース。

1994年、日本フィルハーモニー交響楽団と共演、協奏曲デビューを果たす。第5回出光音楽賞(1994年度)を最年少で受賞。

1995年、イタリア国立放送交響楽団の日本ツアーにソリストとして同行。

1996年、村松賞受賞。同年5月、イタリア国立放送交響楽団の定期演奏会に招待されてトリノにおいて共演し、ヨーロッパでのデビューを飾った。

1997年、女子聖学院中学校・高等学校を卒業すると、フランス・パリのエコールノルマル音楽院へ留学。アルベルト・ポンセに師事。

1999年、テレビ番組の収録を通じて、ホアキン・ロドリーゴと亡くなる半年前に対面、彼の前でその作品を演奏する機会を得る。同年、エコール・ノルマル卒業と同時に帰国。本格的なソロ活動を開始し、NHK交響楽団をはじめとする国内の主要オーケストラとも共演を重ねる。

2000年、ドイツのフォーグラー・カルテットと室内楽の日本ツアーを行う。同年、韓国のソウル・アート・センターにて初の韓国リサイタルを開催。

2001年、スペインのバレンシアにてロドリーゴ室内管弦楽団と初共演。同年、初のDVD『Contrastes』をリリース。

2002年、ロドリーゴ生誕100年を記念し、同楽団と日本ツアーを行う。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:5,000円(税込)
※当日券予定はありません。
2019年6月8日 (土)
スターツおおたかの森ホール