お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

小島良太



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小島 良太(こじま りょうた、1971年5月18日-)は、日本中央競馬会(JRA)・美浦トレーニングセンター和田勇介厩舎に所属する調教助手である。1996年JRA年度代表馬のサクラローレルをはじめ、数々の重賞勝利馬の調教騎乗を担当している。小島太は実父、実弟に調教助手の小島勝三と騎手の小島太一がいる。茨城県出身。

経歴

当時日本中央競馬会の騎手であった小島太の次男として生まれる。幼少期は千葉県の中山競馬場・白井分場に厩舎を構えていた母方の祖父・境勝太郎夫妻の元で育った。1978年に茨城県美浦村に関東所属人馬の拠点となる美浦トレーニングセンターが開場したため、太の元に戻り、さらに小学校の中学年以降は伯父の境征勝と生活を共にした。

父・太は大学進学を勧めていたが、良太は父の姿に感化されて競馬界入りを志し、専門学校卒業後に北海道の谷岡牧場で研修に入った。翌1992年の競馬学校厩務員課程には落第したが、シンボリ牧場での再研修中に再度受験して合格、西山牧場に移り騎乗技術を習得した後、1994年1月より厩務員課程に入った。半年後には調教助手免許を取得、美浦の保田隆芳厩舎に仮配属された後、10月より正式な調教厩務員(調教助手と厩務員を兼務)として嶋田潤厩舎に入った。嶋田厩舎では10カ月過ごした後、定年引退まで1年7カ月と迫っていた祖父・境勝太郎の厩舎に移籍した。

長らく担当馬が勝利を挙げることはなかったが、1996年3月から担当したサクラローレルが同月10日の中山記念で勝利を挙げ、良太は調教厩務員としての初勝利を重賞競走で挙げた。前月には同馬の主戦騎手を務めていた父・太が騎手を引退しており、新たな主戦騎手には良太の友人でもある横山典弘が据えられた。これは良太の提案であった。サクラローレルはこの次走の天皇賞(春)でナリタブライアン、マヤノトップガンといった強豪馬を破って優勝、年末にはグランプリ競走の有馬記念を制し、当年の年度代表馬に選出された。

1997年に境が引退し、太が厩舎を引き継いだことに伴って所属が小島太厩舎に移った。2000年頃から調教助手専業となり、マンハッタンカフェ、イーグルカフェといったGI級競走優勝馬のほか、数々の重賞勝利馬の調教を担当している。2018年に太が定年となったため和田勇介厩舎に移籍した。

助手業の傍らで雑誌・新聞等にコラムを連載し、著書も出版している。『週刊Gallop』誌上で連載する「僕とお馬の内緒話」(サークルKEIBAの一コーナー)は、10年を超える長期(回数も70回を突破している)で継続されていた。

著書

  • 『調教助手の仕事』(ミデアム出版社、2002年)ISBN 978-4944001842

関連項目

  • 田島良保、高木良三 - それぞれ太の親友・恩師。「良太」の命名元となった。
  • 蛯沢誠治 - 元同僚。小島太厩舎で同じ調教助手として在籍していた。
  • 吉永護 - 同僚。小島と同じく調教助手として在籍。

参考文献

  • 木村幸治『ザ・グレード1 - 1996年のG1を制した勝負師たち』(洋泉社、1997年)ISBN 978-4896912456

外部リンク

  • 小島良太公式ブログ「馬なりぃ」(公式ページ。ブログ、ひと言形式のミニブログなど)



 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。