お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

草笛光子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

草笛 光子(くさぶえ みつこ、1933年10月22日 - )は、日本の女優である。本名、栗田 光子(くりた みつこ。出生姓は富田)。

神奈川県横浜市神奈川区出身。草?舎(そうしゅうしゃ)所属。オスカープロモーションと業務提携している。

神奈川県立横浜平沼高等学校卒業。妹は富田恵子。弟は占い師(気学師)の富田直幹。作曲家の芥川也寸志は元夫。

来歴・人物

虚弱傾向を克服するため小学生からバレエを始める。1950年に松竹歌劇団(SKD)に5期生として入団し、スリーパールズと呼ばれた。1953年に在籍中のまま、松竹(松竹京都撮影所)から映画『純潔革命』でデビューする。豊かな歌唱力を持ち味とした。

その後、1954年にSKDを退団し、1956年からの東宝専属を経てさまざまな分野で活動する。特に1958年から放送のテレビ黎明期の音楽バラエティで自らの冠司会番組でもある『光子の窓』では、洋窓から顔をのぞかせてテーマ曲を歌うオープニングが注目を集め、人気を博した。1960年に作曲家の芥川也寸志と結婚するも、結婚生活は2年で破綻した。

4人兄弟の長女。妹(第2子)は富田恵子。12歳下の弟(第4子)は富田直幹(とみた なおき)。3人目は終戦後、富岡で赤痢でなくなる。

華やかな貴婦人からうらぶれた婦人まで多彩な役柄を演じ、『社長シリーズ』をはじめとする東宝喜劇に多数出演した。

成瀬巳喜男作品の常連で、市川崑作品とも縁が深く、金田一耕助シリーズでは『犬神家の一族』(1976年)の犬神梅子役を筆頭にシリーズ全てに皆勤した(2006年公開のリメイク版にも出演)。

日本ミュージカル界のパイオニアでもあり、数々の大作に出演した。『私はシャーリー・ヴァレンタイン』などで芸術祭賞を3度受賞している。1999年には紫綬褒章、2005年には旭日小綬章を受章した。2013年に第48回紀伊國屋演劇賞・個人賞を受賞した。永年の舞台の功績に対して、2014年に第39回菊田一夫演劇賞・特別賞を受賞した。

テレビドラマでは石井ふく子プロデュース作品や橋田壽賀子脚本作品にたびたび起用された。

長らくフリーで活動してきたが、マネージメントを担当していた母親が亡くなったことなどから、2009年10月1日付けでオスカープロモーションと契約した。

愛犬家としても知られ、黒のラブラドール・レトリバー「まろ」とともにテレビ出演もしている。

出演

映画

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。