お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カブキグラス5周年

ユジャ・ワン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ユジャ・ワン (王羽佳, Yuja Wang, 1987年 - ) は、中国の女性クラシックピアニスト。北京に生まれ、6歳からピアノを習い始め、北京の中央音楽学院に学んだ。

人物・来歴

音楽一家に生まれる。父親はパーカッショニスト、母親はダンサー。6歳からピアノを始め、7歳のときに北京の中央音楽学院に入り、3年間そこで学んだ。14歳のときにカルガリーのマウント・ロイヤル・カレッジで英語を学ぶためにカナダに移り住んだ。現在ニューヨーク在住だが、大抵は世界中を演奏旅行している。

キャリア

2001年

仙台国際音楽コンクールで3位、審査委員特別賞(Special Jury Prize、20歳未満の特に優れた決勝出場者、賞金50万円)を獲得した。

デビュー

2003年、チューリッヒでデイヴィッド・ジンマンの指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団との共演によるベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を演奏し、ヨーロッパデビューを果たした。2005-06シーズンに、オタワでラドゥ・ルプーの代役としてピンカス・ズーカーマン指揮によるベートーヴェンの協奏曲を演奏し北米デビューを飾った。

2005年

2005年9月11日、最も有望な21歳以下のピアニストに与えられる「2006年ギルモア・ヤング・アーティスト賞」の受賞者に決まり、賞金1万5000ドルを得た。

2006-2008年

15歳からの5年間フィラデルフィアのカーティス音楽学校で学び、ラン・ランの教師でもあったゲイリー・グラフマンに師事し、2008年5月に卒業した。コンサートの数も多くなった。

2006-2007年、ニューヨーク・フィルハーモニック、ヒューストン交響楽団、シカゴ交響楽団、サンフランシスコ交響楽団、NHK交響楽団、オランダにてサンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団、北京にて中国フィルハーモニック管弦楽団、サンタフェ室内楽音楽祭にて広州交響楽団と共演した。

2007年3月、ボストンで行われたコンサートにて、3月8日から3月の13日まで4回の定期演奏会でのボストン交響楽団との共演を取りやめた、伝説的なピアニストマルタ・アルゲリッチの代役となった。シャルル・デュトワ指揮の下チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を演奏し、非常に好ましい批評を得た。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:33,000円
(全席指定・税込)
2018年12月1日 (土) 〜
2018年12月2日 (日)
サントリーホール
大ホール