お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チャン・ジン



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

チャン・ジン(張 鎭、1971年2月24日 - )は、韓国の映画監督、映画プロデューサー、舞台演出家、脚本家、舞台戯曲作家、俳優、Film it Suda代表である。

略歴

  • 韓国ソウル市生まれ。
  • ソウル芸術高等学校卒業。高校時代より俳優として演劇活動を始める。1986年 ソウル青少年演劇祭にて最優秀演技賞受賞。
  • ソウル芸術専門大学(現:ソウル芸術大学)演劇科 卒業。大学時代、チョン・ジェヨン(現:韓国の男性俳優)と知り合う。
  • 軍隊除隊後は放送作家として活動。
  • 1995年、『千戸洞 旧交差点』(原題 ??? ????)朝鮮日報(????)主催の 新春文芸戯曲部門で入選、それを境に本格的に演劇界入りする。
  • 1995年、『犬のような日の午後』(原題 ??? ?? ??)監督イ・ミニョン(???)- 映画脚本家としてデビュー(共同)。
  • 1998年、『あきれた男たち』(原題 ??? ???)- 初めて映画監督を手掛ける
  • 1998年、文化創作集団『スダ』をイム・ウォニら演劇関係者らと共に結成する。
  • 2001年8月、『スダ』を『Film it Suda』に名称変更、会社として再スタートさせる。
  • 2005年、『トンマッコルへようこそ』(原題 ?? ? ???)監督パク・クァンヒョン(???) - プロデューサーを手掛ける(兼脚本)。
  • 2007年5月27日、結婚。
  • 2017年の韓国大統領選挙では文在寅を支持した。
  • 映画作品

    • 1995年『犬のような日の午後』(原題 ??? ?? ??)監督イ・ミニョン(???) - 共同脚本、出演
    • 1996年『君はジャズを信じるか?』(原題 ??? ??? ????)監督オ・イルファン(???) - 共同脚本
    • 1998年『あきれた男たち』(原題 ??? ???) - 監督、脚本
    • 1999年『SPYリー・チョルジン 北朝鮮から来た男』(原題 ?? ???) - 監督、脚本

     

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    一般 前売:4,000円(全席指定・税込)
    2019年1月24日 (木) 〜
    2019年2月3日 (日)
    赤坂レッドシアター

    取扱中の公演
    割引販売
    な!

    <理由あってなっトク価格!チケット>
    26名限定!一般4,000円 → 【指定席引換券】3,500円さらに200Pゲット!

    2019年1月24日 (木) 〜
    2019年2月3日 (日)
    赤坂レッドシアター