お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティウェブ12周年

押尾コータロー



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

押尾コータロー(おしおコータロー、1968年2月1日 - )は、日本のギタリスト。主に鉄弦のアコースティックギターを演奏する。本名押尾 光太郎(おしお こうたろう)。

大阪府吹田市出身。大阪を拠点とし、ソロギタリストとしての全国ツアーなどライブ活動を中心に活躍中。コータロー音楽事務所所属。身長180cm。

演奏スタイル

オープン・チューニングやスラッピング、タッピングを駆使したその演奏スタイルは、マイケル・ヘッジス、タック・アンドレスなど強烈な個性をもつ米ギタリストたちの影響を強く受けている。また、ピックを使わず爪で演奏しているため、小指以外の爪をスカルプチュアで保護している。

ライブでは、堅苦しくなりがちなギターソロの演奏を楽しく聴かせるために、曲の合間にコミカルなMCで場をつなぐ、レパートリーにアニメソングやCMソングを盛り込むなどの工夫をしている。また「Dancin'コオロギ」を演奏しながらの「ひとりメンバー紹介」も恒例となっている。

略歴

中学校2年からギターを弾き始める。学生時代は、今も師と仰ぐ五つの赤い風船のギタリスト・中川イサトのギター教室でレッスンを受けていた。高校を卒業してすぐに、音楽専門学校に通うため東京へ移住。その傍ら、岡崎倫典のギター教室にも通い、そこで同じくギタリストの小松原俊からもレッスンを受ける。

帰阪後バンド活動を始めるが、当時の担当はギターではなくベースだった。メンバー募集をした際にベースシストだけが決まらなかったため、仕方なく引き受けざるを得なかったと後に語っている。(現在ではベースを人前で披露する事は無いが、DVDで弾く姿を見る事が出来る。)バンド解散後は、ソロギタリストとしての活動を開始。同時期には、スティールパン奏者の山村誠一と「VOICEQUN」(ヴォイスクン)というユニットを組んで活動もしていた。その後、FM802で放送されていた『HIRO T'S MORNING JAM』で、DJのヒロ寺平がオリジナル曲を紹介。これを機に、地元の関西を中心に注目されるようになった。インディーズから2枚のアルバムを発売した後、メジャーデビューした。

  • 2002年
    • 東芝EMIからアルバム『Starting Point』によりメジャーデビュー。
    • モントルージャズフェスティバル(Montreux Jazz Festival)に初出演。以後、マイルス・デイヴィス以来の2年以上の連続出演を果たす。
    • アメリカ・ナラダレーベルからアルバム『Starting Point』により全米デビュー。
    • 『アドリブ』誌、ニューエイジ部門賞受賞。翌年も連続受賞。
  • 2003年
    • 大阪市咲くやこの花賞受賞。
    • 「第54回NHK紅白歌合戦」に島谷ひとみのバック演奏での参加。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
1日券:9,500円
(ブロック指定・税込)
2018年8月4日 (土) 〜
2018年8月5日 (日)
葛西臨海公園
汐風の広場