お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
カンフェティでチケットを買うとフェイスシールドもれなくプレゼント!

泰勇気



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

泰 勇気(たい ゆうき、1977年10月6日 - )は、日本の男性声優。リマックス所属。東京都出身。身長170cm。父は作曲家の泰英二郎。ベトナム人の祖父を持つクオーターである。

経歴

井上和彦の声優教室出身。2009年8月に、10年ほど所属していた元氣プロジェクトを離籍。同年9月よりリマックス所属。

声優界きってのロボット好きであり、『スーパーロボット大戦』を初めとしたロボット作品に出演することを夢見ていた。ロボットへの愛着は凄まじく、HPには山のようなコレクショントイの写真が掲載され、幼い頃からロボットの絵を描き、大人になった現在でも趣味を「メカニックデザイン」とするほどの入れ込みよう(ロボットの絵はこれという自信作を一度映像つきのラジオ番組においても自ら持っていき、視聴者に見せたこともある。現在でも公式サイトでその作品を鑑賞できる)で、自主制作音楽グループV.S UNIONではオリジナルで製作したロボット主題歌を歌ってライブなど精力的に活動し、JAM Projectの一般公募に応募したこともある(わずか数人しか残らなかった二次選考まで残ったが、落選)など、そのロボットに対する熱意は計り知れない。ロボットアニメの知識も豊富で、ライブにおいてカバーして歌った「Break Out」をアンコールされたところ、「『ダイ・ガード』?」と聞き間違えたり、ライブの待ち時間にコアな作品の曲を流したり、歌ったりすることもある。掲示板においては「死に役でもいいからロボットに乗りたい」と発言している。

それとは裏腹に、『E'S OTHERWISE』の主人公戒=玖堂を演じて以降、ファンタジーやアドベンチャーゲーム原作のアニメにおける主人公、ないしはゲームの主要人物の声あてなどを主に行っていた。初めてのロボット作品出演は『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』におけるブリッジ要員(正式には第1話における避難誘導の声)となったが、その後クォヴレー・ゴードンを演じるまでは、ロボット作品に関わることは出来なかった。現在でも出演作品はファンタジーなどが多い。

夢叶って『第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』の主人公クォヴレー・ゴードンを演じた際にはHPで大きく宣伝してその喜びを伝えており、今でもその思い入れを訴えている。その後も『獣装機攻ダンクーガノヴァ』のジョニー・バーネット、『スーパーロボット大戦Scramble Commander the 2nd』のケイジ・タチバナなどでロボット作品の出演を果たしている。なお、泰は同シリーズにおいて主人公を二役演じた唯一の声優である。またタカラトミーのイベントブースでMCを何度か務めておりその際『トランスフォーマー』のアニメシリーズ及び『TRANSFORMERS』の吹き替えにおける出演の声が掛からなかったことを壇上でネタにしていた。ここでも念願叶い『トランスフォーマーアドベンチャー』でキックバックの役をもらう事と相成った。

2009年からは声優業の傍ら、V.S UNIONとしての活動を例年以上に精力的に行いつつ、自身が製作したプラモデル専用のブログを設けるなど自身の趣味的な活動にも熱を入れている。2016年以降は、ローカルヒーロー制作会社「ヤツルギ魂」作品で怪人役を担当している。また玩具レビュアーとしてもYouTubeにて「YU-Kiのお部屋」と言うチャンネルで主に変形玩具を扱う動画をアップする活動をしている。

人物

岸尾だいすけ、成田剣との共演が多い。持ち役は偶然にも「妹のいる兄キャラ」が多く、そのためお兄さんキャラ声優として定着しつつあるが、『シュヴァリエ 〜Le Chevalier D'Eon〜』では姉、『ゴーストハント』では兄を持つ役柄も演じている。『スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS』では、名も無きDC兵士役として声を当てている。

自分と似ているキャラクターとして『獣装機攻ダンクーガノヴァ』のジョニー・バーネット、思い入れのあるキャラクターとして『第3次スーパーロボット大戦α 終焉の銀河へ』のクォヴレー・ゴードンをあげている。ジョニーは自分と性格が似ているから、クォヴレーは長年の夢が叶ったからと語っている。なお、クォヴレーに設定されている生年月日等は、泰のものと同じである。

かないみかのプロデュースの下、森訓久・梯篤司・宮下栄治・増川洋一・勝杏里と声優ユニット「Revolver」を結成していたが、2005年12月23日付で脱退した。ちなみにRevolverの名づけ親は彼であることを『サンセットラヂオ』で述べている。

『D.C.S.S. 〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜』で、演じた主人公のあまりに鈍感で無神経とも取れる言動にアフレコ現場の空気が悪くなったというエピソードを共演した宮崎羽衣にインタビューで暴露された。尤も泰自身はその点は良く理解しており、主人公の行為や物語の結末に批判の多い同作品について「『D.C.S.S.』は無限に存在する『D.C.』の平行世界の一つに過ぎないと思う」とコメントを残している。

サイトの掲示板においてはレスは遅れてもしっかりと返事をしている。その中においてファンが「小野大輔と緑川光の声が似てる気がしないか」という書き込みに対し、「そうは思わない」と否定した上で「個性を売りとしている声優が、誰かと声が似てると言われるのは気持ちの良いものではない」と語った(本人も父親と声や歌い方が似てると言われたことがあるという)。公式サイトのブログではたびたびプライベートな写真を公開し、自分の幼少時代や母親の写真などまで載せることがある。

ライブなどでは、終了後客席にやってきて、積極的にファンと会話している場面も見られる。

出演


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。