お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティは創刊15周年!

福田善之



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

福田 善之(ふくだ よしゆき、1931年〈昭和6年〉10月21日 - )は、日本の劇作家、脚本家、演出家、俳優。本名、鴻巣 泰三

日本演出者協会評議員(元・理事長)、劇作家協会顧問(元・幹事)、元・日本演劇協会理事。桐朋学園芸術短期大学特別招へい教授。

来歴

東京市日本橋区(現在の東京都中央区日本橋生まれ。父は福田利三郎、母は鴻巣以知。1937年に父が他界し、福田家と縁が切れる。

新制麻布高等学校卒業。在学中「映画研究部」に所属し、山際永三、佐藤重臣らが会員にいた。1954年に東京大学仏文科を卒業。在学中に藤田朝也(ふじたあさや)と『富士山麓』を共作、1953年の五月祭で上演する。

1954年4月〜10月、「東京タイムス」の記者を務めたのち、岡倉士朗の誘いで演出助手を務める。1957年、『長い墓標の列』を発表。1958年に『オッペケペ』で芸術祭奨励賞を受賞した。1960年に観世栄夫らと青年芸術劇場を結成。1963年の『真田風雲録』では、真田十勇士に託して学生運動を風刺した。1964年、『袴垂れはどこだ』で岸田国士戯曲賞を受賞するが、審査委員への不信を理由に辞退する。

1966年、青年芸術劇場を解散。1969年、大逆事件を主題にした『魔女伝説』を執筆する(主演は渡辺美佐子)。この戯曲は佐藤信の解説(「いま重層的表現とは何か」)を附して刊行された。1970年代には新しい大衆演劇を目指し、人形劇の結城座と組んで『お花ゆめ地獄』のような夢幻傀儡劇を上演。またシェイクスピア作品の上演やミュージカルの演出も行う。

テレビドラマのシナリオ執筆も数多く、1976年の大河ドラマ『風と雲と虹と』を担当している。俳優としても、ウルトラシリーズに博士役で3度出演した(『ウルトラマン』第19話「悪魔はふたたび」、第22話「地上破壊工作」、『ウルトラセブン』第12話「遊星より愛をこめて」)。

日本演出者協会創設に参画、理事・理事長を歴任。『九条の会』賛同者でもある。

NHK大河ドラマに於いて脚本を担当し、また俳優として出演した経験を持つ人物は、福田と三谷幸喜のふたりのみである。

主な受賞歴

  • 1958年 - 芸術祭奨励賞(『オッペケペ』)
  • 1993年 - 紀伊国屋演劇賞(『壁の中の妖精』『幻燈辻馬車』)
  • 1995年 - 第46回読売文学賞(『私の下町-母の写真』)
  • 1999年 - 読売演劇賞優秀演出家賞(『壁の中の妖精』演出)
  • 2000年 - 斉田喬戯曲賞(『壁の中の妖精』)
  • 2001年 - 紫綬褒章

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
全席指定(前売):6,000円
全席指定(シニア割):5,000円
全席指定(学生割):1,500円
1, 000円割引!全席指定(前売):6,000円 → カンフェティ席(前売):5,000円!
(税込)
2020年3月4日 (水) 〜
2020年3月8日 (日)
東京芸術劇場
シアターウエスト