CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 浅野祥

浅野祥

浅野祥



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

浅野 祥(あさの しょう、1990年3月2日 - )は、日本の津軽三味線演奏家。宮城県仙台市出身。慶應義塾大学総合政策学部卒業。

津軽三味線全国大会(弘前市開催)の最高峰A級部門において14歳で初優勝。以後連続優勝し、16歳で3連覇達成。史上最年少チャンピオンとなり、史上最年少で殿堂入りを果たす。(※この記録は未だに破られていない。)

2007年、17歳でビクターエンターテインメントよりメジャーデビュー。世界各国でコンサートツアーを行うなど、若手を代表する奏者。

2019年5月1日(令和元年)より、浅野の活動が政府公認プログラム「beyond2020」承認事業に正式決定。多方面のジャンルのアーティストとコラボレーションを行い、外国人や地域の子供たちとのワークショップを定期的に行うなど、三味線と伝統音楽の素晴らしさを伝える活動が認められる。

近年では、日本各地の民謡を現代の感覚で作編曲し、次世代へと繋げる活動“MIKAGE PROJECT”のヴォーカル・津軽三味線担当としての活躍も目覚ましい。

また音楽活動だけにとどまらず、放送開始から68年の長寿番組 NHKラジオ第1「民謡をどうぞ」の構成作家としても活躍。

2017年からは事務所・レーベルに属さず、フリーとして活動を広げている。

第7期より、みやぎ絆大使在任中。

来歴

祖父の影響により3歳で和太鼓、5歳で津軽三味線を始める。三絃小田島流 二代目小田島徳旺に師事。

7歳の時、青森県弘前市で開催される津軽三味線全国大会に最年少出場し、翌年から各級の最年少優勝記録を次々と塗り替える。2004年 津軽三味線全国大会 最高峰のA級で最年少優勝。 (当時14歳)。2006年まで連続優勝し3連覇を達成。同大会の規定により殿堂入りを果たす。※津軽三味線世界大会(旧名:津軽三味線全国大会)

2006年にビクターエンタテインメントと契約。2007年3月21日17歳で『祥風』にてメジャーデビュー。

メジャーデビュー以降、コンセルトヘボウ(オランダ)、ケネディ・センター(アメリカ)でのコンサートをはじめ、アメリカ・ヨーロッパ・カナダ・アジア各国でもコンサートツアーを行うなど、海外でも活躍する。

民謡、Classic、Rock、Jazz、Pops、フラメンコなどジャンルにとらわれない演奏スタイルにより、他ジャンルの様々なアーティストと共演する。中学生時には元BO?WY・高橋まこと(ドラム)とバンドを組んでいた。

2020年には、歌舞伎役者「中村壱太郎×尾上右近 ART歌舞伎」への出演、江頭2:50 YouTubeチャンネル「エガちゃんねる花火大会!!」へのゲスト出演など幅広い場面で活躍。

自身のアルバムでは世界的なミュージシャンとの創作にも積極的に取り組み、ジャズ界の巨匠ウィル・リー(ベース)や、同じくジャズ界の若きスタープレイヤー、マーカス・ギルモア(ドラム)、2度グラミー賞に輝いたリチャード・ストルツマン(クラリネット)らとアルバム制作を行う。

和楽器奏者としては初めて日本最大級の音楽フェス『MONSTER baSH』に3年連続で出演するなど、様々な野外ロックフェスやジャズフェスへの出演を果たす。近年は、日本各地の民謡を現代の感覚で作編曲する「MIKAGE PROJECT」や複数の邦楽演奏家からなる「ART歌舞伎楽団」に参加し、新たな音楽シーンを切り拓いている。

本来の民謡、古典芸能の追及はもちろんのこと、幅広い世代に三味線の魅力を伝えるべく、津軽三味線の可能性を追い求める孤高の若き津軽三味線奏者。

2016年9月10日、自身のブログで幼稚園時代からの同級生である一般女性と入籍したことを発表。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。