お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

一柳慧



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

一柳 慧(いちやなぎ とし、1933年2月4日 - )は、兵庫県神戸市生まれの作曲家、ピアニスト。

概要

非常に若い時から才能を発揮し、青山学院高等部在学中、1949年から1951年にかけて、毎日音楽コンクールで3年連続入賞(うち2回は1位)する。1954年に渡米し,1957年までニューヨークのジュリアード音楽院で学ぶ。1956年小野洋子と結婚(1962年に離婚)。1959年、同地のニュー・スクールでジョン・ケージの講座に参加し、彼の思想に大きく影響を受けたことがきっかけで、図形楽譜や不確定性の音楽をとりいれ, フルクサスなどの前衛芸術活動に参加する。

1961年に帰国。同年8月に大阪で行われた「第4回現代音楽祭」を皮切りに、さまざまな演奏会で、ケージを代表とするアメリカの前衛音楽および自己の作品を紹介し、音楽評論家吉田秀和をして「ケージ・ショック」と言わしめるほどの衝撃を日本の音楽界に与えた。やがて、彼はアメリカの実験音楽のもう1つの流れであるミニマル・ミュージックにも触発され、1972年に「ピアノ・メディア」を発表している。この作品は五線譜で書かれ、不確定性は排除されており、それまでの作風からの転換を示したものである。この頃から、音楽における空間の要素に関心を示すようになった。80年代に入ると尾高賞を4度受賞するなど高い評価を受け、以後、名実ともに日本の代表的な作曲家の一人として活動を続けている。

80年代からは邦楽器のための作品を毎年のように発表し、1990年には東京インターナショナル・ミュージック・アンサンブルを設立するなど、日本の伝統音楽の発信にも力を注いでいる。

1985年フランス芸術文化勲章受章、1989年毎日芸術賞受賞、1999年紫綬褒章受章、2002年サントリー音楽賞受賞、2005年旭日小綬章受章、2008年文化功労者、2017年日本芸術院賞・恩賜賞受賞、2018年文化勲章受章。

主要作品

オペラ?

  • 横尾忠則を歌う
  • モモ (題材はミヒャエル・エンデ)
  • モノオペラ「火の遺言」
  • 愛の白夜 (題材は杉原千畝)

管弦楽曲

  • ピアノとオーケストラのための「空間の記憶」(ピアノ協奏曲第1番) ※第30回(1981年)尾高賞受賞
  • ヴァイオリン協奏曲「循環する風景」 ※第32回(1983年)尾高賞受賞
  • ピアノ協奏曲第2番「冬の肖像」 ※第37回(1988年)尾高賞受賞
  • 交響曲「ベルリン連詩」 ※第38回(1989年)尾高賞受賞

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。