CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 春風亭一花

春風亭一花

春風亭一花



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

春風亭 一花(しゅんぷうてい いちはな、1987年1月26日 - )は、落語協会所属の落語家。夫は同じく落語家の金原亭馬久。

経歴

東京都台東区出身。実家はカバン店。香蘭女学校高等学校を経て、立教大学経済学部経済学科卒業。

2013年5月、春風亭一朝に入門。翌年5月に横浜にぎわい座にて初高座。演目は『子ほめ』。11月1日に前座となる。前座名は「一花」。

2018年3月21日に柳家小もん、桃月庵こはくと共に二ツ目昇進。

芸歴

  • 2013年5月 - 春風亭一朝に入門。
  • 2014年11月 - 前座となる、前座名「一花」。
  • 2018年3月 - 二ツ目昇進。

受賞歴

  • 2020年12月?第19回さがみはら若手落語家選手権優勝。演目は『お菊の皿』。

人物

所属団体や流派の垣根を超えた女流落語家ユニット「落語ガールズ」に所属している。

夫である金原亭馬久の事を楽屋では「兄さん」と呼んでいるが、自宅では本名の「直也さん」と呼んでいる。

林家あんこ、林家つる子ともにユニット「おきゃんでぃーず」を結成。2022年まで活動した。

インスタグラムに「江戸のおかず」をアップしていたが、最近は飽きている。

焚き火が大好きで、先日橘家文吾からの誘いを受け落語家の後輩と焚き火をしにいった。

出演


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。