CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > コーエーテクモゲームス

コーエーテクモゲームス

コーエーテクモゲームス



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

株式会社コーエーテクモゲームス(英: KOEI TECMO GAMES CO., LTD.)は神奈川県横浜市西区に本社を置く、日本のゲームソフト販売・開発会社、出版社。コーエーテクモホールディングスの子会社。略称はKTゲームス

概要

2009年4月1日にコーエーテクモホールディングスのもとで経営統合したコーエーとテクモが、2010年4月1日に合併して誕生した。合併に先立ち、ゲームソフト開発・コンテンツ運営を担当する子会社として(新)株式会社コーエー、(新)テクモ株式会社(株式会社テーカンとして設立し、KTゲームス発足時にテクモに商号変更)がそれぞれ新設されたが、「更に柔軟かつ機動的な開発体制へと変えていく必要がある」として、2011年4月1日に両社を吸収合併した。

パソコンおよび家庭用ゲーム機用のゲームソフト・オンラインゲーム・モバイルコンテンツの企画・開発を統括し、パブリッシャー機能、ゲームソフト開発における共通機能および関連書籍の出版事業を一社で行う。開発子会社を中華人民共和国(天津・北京)、シンガポール、ベトナムに置く。

2014年10月1日に子会社であるガストを吸収合併し、ガスト長野開発部を設立。

2020年3月、コーエーテクモホールディングスの現本社がある横浜市港北区箕輪町より、同市西区みなとみらいのKTビル内に本社を移転した(詳細は後節)。

本社

2016年10月、横浜みなとみらい地区(47街区)に新たに建設する複合ビル(15階建て、事業者:三菱地所)内に本社を移転する計画が発表された(同ビルの1階〜8階を当社がオフィスとして使用し、9階〜15階には東急REIホテルが入居)。その後、同ビルの名称は「KTビル」となり、2020年(令和2年)1月に竣工、同年3月に本社の移転が実施された。また、低層部にはライブハウス型ホール「KT Zepp Yokohama」も併設、Zeppホールネットワークと業務提携を行い、当社のエンタテインメント事業でのノウハウを生かし共同展開していく方針である。

この本社移転については、経営統合から10年の節目であること、グループの中枢が日吉駅周辺の複数のビルに分散されていること、新しい事業へのチャレンジ等複数の要因が重なっている。特に中枢機能の集約については、将来的に親会社であるコーエーテクモホールディングスの移転も視野に入れているとされる。

横浜市港北区の旧本社ビル(コーエーテクモホールディングスの現本社。また合併前のコーエー本社でもあった)中庭にはタイルで描かれた織田信長の顔、応接室は源平合戦をイメージしたデザインとするなど、歴史ゲームに関連した装飾が施されている。また廊下には絵画が飾られているが、これはホールディングス代表取締役会長の襟川恵子が美大出身であるためだという。旧本社ビルから線路を挟んだ向かいには永井一正の手による太陽のイラストが描かれた通称『ジェミニビル』が建てられている。日吉駅周辺にはこのほかに旧コーエーがかつて本社として使用していたビルが2棟あり、会社規模の拡大に伴い各ビルに分散させていた開発機能の集約が移転の大きな目的とされた。

沿革

  • 2010年4月1日 - コーエーを存続会社としてテクモを吸収合併し、株式会社コーエーテクモゲームスに商号変更。開発機能を(新)株式会社コーエー、(新)テクモ株式会社にそれぞれ移管。
  • 2011年4月1日 -(新)コーエー、(新)テクモを吸収合併し、分離していた開発機能を統合した。
  • 2014年
    • 8月26日、戦国無双シリーズの一部の作品において、採用されているシステムが、カプコンのゲームソフトの特許権を侵害しているとして、カプコンがコーエーテクモゲームスに対し訴訟を提起。
    • 10月1日 - ガストを吸収合併しガスト長野開発部を設立。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。